名刺デザインと和紙について

着物屋さんや料亭屋さんで働いているという方には、和紙を使用したデザインの名刺が適しております。

 

「名刺デザインでヒラヒラの和紙を使用することができるの」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

名刺デザインで使用されるのは書道で使われるヒラヒラの和紙ではなく、耐久力や厚みのある用紙ということで、ビジネス用の名刺としても非常に適しているのです。

 

実際に、和紙や和風デザインを専門的に取り扱っている名刺作成業者は存在しますし、着物柄を使ったオーソドックスなタイプから古典柄タイプなど、様々なテンプレートが用意されております。

 

和紙の使用が全てのビジネスマンに適しているというわけではありませんが、個人の職種によっては相手に仕事の内容を効率良く伝えるためにも、和紙を取り入れるのは一つの選択肢なのです。

 

通常の用紙とは大きく異なり、古風なイメージや和風のテイストを際立たせることができますし、意外と需要は増えております。

 

日本古来の伝統の強い職業に就いている方は、専門の業者を利用して和紙を使った名刺を作ってみてはいかがでしょうか。

 

残念ながら当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、特殊用紙の和紙は取り入れられていないものの、和風を際立たせるようなデザインのテンプレートは用意されております。

 

一般的な用紙で名刺を作成したとしても、デザインを考慮すれば古風なイメージを相手に植え付けることができるので、Vistaprint(ビスタプリント)で印刷してもらってください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、和紙名刺や和柄デザインが豊富な名刺業者の一つが「WAFUDA」で、名刺だけではなくショップカードの印刷サービスも同時に行われております。

 

ビジネスからプライベートまで幅広く使用できる名刺が作成できますし、幾つかのテンプレートを参照すれば和風のデザインがいかにおしゃれなのかお分かり頂けるはずです。

 

「WAFUDA」で使用されている和紙は、和紙産地として有名な福井県の越前和紙で、鳥の子紙と大礼紙の2種類から選択できるという特徴があります。

 

どちらも味があって非常に良いですし、海外で働いていて日本の伝統文化を伝えたいという方にも適しているかもしれません。

 

簀の目が入っていてしっとりとした肌合いの鳥の子紙でも、繊維が散りばめられていて光をかざすことで浮かび上がる大礼紙でも古風な印象を残せるので、「WAFUDA」に名刺の作成を依頼してみましょう。


「名刺デザインの用紙」に関するページ