名刺デザインと特殊紙について

通常の用紙ではなく、特殊紙を使って名刺デザインを行うことは可能で、業者によって取り入れられている種類には大きな違いが生じております。

 

名刺の第一印象を決める上で最も大事なのが背景色といったテンプレートで、その次に文字の配置や大きさ、そして表面のスペースです。

 

スペースが大きすぎて殺風景なイメージになるのを嫌がり、住所や電話番号といった必要事項だけではなく、無理に文字を詰め込んでいるという方はいらっしゃいます。

 

しかし、そのような名刺を作成していると逆に読みにくくなり、全体的な名刺のデザインも崩れてしまうため、できる限り空白をあけなければなりません。

 

これらの大事な要素の一つが用紙の種類で、通常紙ではなく業者で取り入れられている特殊紙を使用することで、名刺を渡した相手に違ったイメージを植えつけられるのです。

 

名刺全体のデザインも考慮しなければならないため、単純に特殊紙を使っていれば良いわけではないものの、他の人と差別化ができるのではないでしょうか。

 

様々なデザインの名刺を作れる「91×55.com」では、夜空の星が輝く「スタードリーム」、藁のような繊維が入った「新バフン紙」、落ち着いた色合いと質感が特徴の「里紙」といった特殊紙を取り扱っております。

 

これらの特殊紙を使って名刺やポストカードを作成することで独特の雰囲気を出し、相手に大きなインパクトを与えられるというわけです。

 

「91×55.com」は名刺で使用する紙に拘っており、「紙名から選ぶ」「紙色から選ぶ」「質感から選ぶ」という検索ができるので、自分のイメージに合ったものを選んで作成してみてください。

 

ただし、これは特殊紙に限った話ではないものの、パソコンのモニターで見た色と実物は大きく異なる可能性があります。

 

どの業者でもできる限り完成品に近い色を独自のホームページに載せるような努力を行っているはずですが、紙の特徴を画面越しで全て伝えられるわけではありませんし、お使いのパソコンの環境によってもデザインが異なって見える場合があるのです。

 

それに、スペシャリティーズといった特殊紙は室内の湿気といった水分の吸放湿でカールしやすく、品質が崩れることがあるので、できる限り湿度が低くて平らな場所で保管しなければなりません。

 

親切な業者であれば通常紙でも特殊紙でも事前にサンプルを配るシステムが取り入れられており、名刺を保管する際の注意点に関しても詳しくHPで記載しているはずなので、そのような業者で名刺デザインを行うようにしてください。

 

 

>>>Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成したい方はコチラ


「名刺デザインの用紙」に関するページ