名刺デザインとPET素材について

名刺デザインとして使われている素材の一つがPETで、「Polyethylene Terephthalate」の略語となっております。

 

ポリエステルを使ったPET素材は石油から作られるテレフタル酸とエチレングリコールを原料とし、専用の機械を使って化学反応させることで様々な用途に活用されているのです。

 

PET素材で作られた代表的なものは、この樹脂を膨らませたペットボトルですが、水に濡れても品質が変化せず強度と剛性に富んでいるということで名刺の作成にも利用されております。

 

耐久性に優れているので保管環境が悪かったとしても名刺の質が大きく下がることはなく、ボールペンで直接書き込むこともできるので診察券やショップカードのデザインとしても使われているのです。

 

通常の紙素材ではなくPET素材で名刺デザインを行うことによって、一味違った印象を植えつけられるかもしれません。

 

名刺は自分の顔のような存在ですし、相手に与える印象を少しでも良くするためにはデザインの工夫を行わなければならないのです。

 

PET素材にすれば良いという単純な話ではありませんが、利用するテンプレートによっては紙素材よりもPET素材の方が適しているケースがあります。

 

そのため、どちらの用紙も同時に取り入れられた業者を利用して、名刺の作成を行った方が良いというわけです。

 

業者によって異なるものの、基本的にPET素材はペットボトルを再利用して作られた名刺用紙ということで、地球に優しい素材だと言えるのではないでしょうか。

 

自然や地球環境系の仕事をしているという方は、エコを伝えるためにもPET素材を使った名刺を作成し、自然をあらわず緑色のデザインを用いることで相手により良い印象を与えることができます。

 

また、業者によっては白色で透けないノーマルタイプと、半透明で透けるスケルトンタイプの2種類のPET素材が用意されており、どちらが自分の名刺のイメージとマッチしているのか考えてみるべきです。

 

残念ながら当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ではPET素材は利用されておらず、通常の用紙のみとなっております。

 

それでも、両面光沢仕上げといった特殊な加工を取り入れ、名刺のデザインを一工夫させられるので是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの用紙」に関するページ