名刺デザインとクラフトについて

クラフト紙は名刺デザインで使われる代表的な用紙の一つとなっており、ナチュラルで素朴な風合いが大きな特徴です。

 

クラフト紙はレトロな雰囲気をかもし出すことができるので、職業によっては名刺の作成にピッタリだと説明できます。

 

名刺のデザインだけではなく、用紙の素材によって相手が受ける印象は大きく異なるため、業種や仕事内容を考えて素材を選ぶ必要があるのです。

 

一概には説明できないものの、クラフト紙で作られた名刺は雑貨屋さんや洋服屋さんといったオシャレと深く関わっている業種の方におすすめとなっております。

 

名刺はただ自分の名前を相手に伝えるためのツールではなく、相手に自分を覚えてもらうための手段の一つということで、「センスがいいな」「拘っているな」と思わせなければなりません。

 

ビジネスであればこれから一緒に仕事をしていく可能性がありますし、スタッフがお客様に渡すのであれば今後も来店して欲しいという気持ちをこめなければならず、安心感を与えるためにも用紙の種類は名刺デザインに欠かせないのです。

 

クラフト紙は白色の紙とは全く違った印象を与えることができるため、業者を利用して作成するのが良いのではないでしょうか。

 

印刷通販の「プリンパッ!」ではクラフト紙が取り入れられており、「未晒クラフト」「半晒クラフト」「モダンクラフト」と3種類に細かく分けられております。

 

名刺にはあまり適さないかもしれませんが、CDジャケットやフライヤーとして利用できるのが薄手で明るい茶色の半晒クラフトと、薄手で濃い茶色がかった未晒クラフトです。

 

一方で、名刺やハガキのデザインとして適しているのがリサイクル繊維を使って濃い目の茶色を出したモダンクラフトで、独特の雰囲気をかもし出すことができるのです。

 

シンプルなデザインのテンプレートだったとしても、クラフト紙を使用するだけで大きくイメージを変えられますし、油性ペンやボールペンでの書き込み特性にも優れているということでポストカードとしても利用されているのかもしれません。

 

お好きな材質の紙を使って名刺やポストカードの印刷ができるということで、一度「プリンパッ!」を利用して作成してみるべきです。

 

残念ながら、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ではクラフト紙は取り扱っていないものの、レトロな雰囲気を出すようなデザインは多々あります。

 

豊富なテンプレートがVistaprint(ビスタプリント)の最大のメリットなので、お好きなデザインを使って名刺の作成を行ってみてください。


「名刺デザインの用紙」に関するページ