Vistaprint(ビスタプリント)の用紙

Vistaprint(ビスタプリント)の用紙について

Vistaprint(ビスタプリント)の用紙について

用紙は名刺の仕上がりを左右する上で非常に重要なポイントで、どんなにデザインが良くても用紙の品質が悪ければ全く意味がありません。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では用紙の種類にも拘っているため、個人のお使いのシーンに合わせて自由に変えることができます。

 

追加料金を支払うことなく名刺の作成で利用できるVistaprint(ビスタプリント)の用紙はホワイト・マットで、280g/uと210g/uの2種類から選択する形ですね。

 

ホワイト・マットの280g/uは分厚くて重厚なイメージを持ち、一方で210g/uは比較的薄い用紙となっています。

 

「210g/uは薄くてヒラヒラしているのではないか」という不安を抱えている方は多いものの、想像以上にしっかりとした素材の用紙ですし嵩張ることもないでしょう。

 

耐久力のある名刺を作成したいと考えているのであれば280g/uのホワイト・マットがおすすめで、デザイン編集後にオプションの選択を行っていきます。

 

210g/uのホワイト・マットであれば追加料金を支払うことなく自分の希望通りの名刺が作成できますし、Vistaprint(ビスタプリント)は品質の高い業者だからこそ無料の用紙でも仕上がりに不満を覚えることは絶対にないはずです。

 

公式サイトで文字の配置や大きさなどを自由にカスタマイズしてお好みの名刺を作成できますので、まずはVistaprint(ビスタプリント)のトップページにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


Vistaprint(ビスタプリント)は上質紙とコート紙の2種類から選択可能!

Vistaprint(ビスタプリント)ではお客様の要望にお応えして、上質紙とコート紙の2種類から選択できるようになりました。

 

ホワイト・マットの280g/uや210g/uと厚さで決めるのではなく、用紙自体の種類で比較検討できますよ。

 

以下ではVistaprint(ビスタプリント)の上質紙とコート紙で、どんな違いがあるのか簡単にまとめてみました。

 

  • 上質紙はきめ細かな手触りで化学パルプ配合率100%のオーソドックスな用紙
  • コート紙は表面をコーティングして滑らかでツヤ感を出している

 

名刺の印刷で用いられるケースが多いのは上質紙ですが、表面に光沢感を出したいのであればコート紙を使った方が良いでしょう。

 

用紙を変えるだけで見た目の印象は大きく変わりますので、どちらで作成した方が良いのか考えてみてください。


特殊な加工を使って名刺を作成しよう

コストを抑えてVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成したいのであれば、無料で提供されている用紙のホワイト・マットがおすすめとなっています。

 

しかし、アイボリー的で優しいイメージを名刺に抱かせたいのであれば、有料のオフ・ホワイトマットを使用してみるべきです。

 

オフ・ホワイトマット用紙の方がインクの色が濃く仕上がるという特徴があり、背景色がカラーの名刺を作成するのであればこの素材で印刷をしてもらった方が良いかもしれません。

 

ホワイト・マットを使って背景をカラーにすると、安っぽい印象を与える名刺になりがちなので480円という追加費用を支払ってオフ・ホワイトマットを選択した方が良いと説明できます。

 

他にも、プラス680円で両面光沢仕上げを施すことができ、インク色が鮮やかで綺麗な発色で見栄えが最高な名刺が出来上がるはずです。

 

両面光沢仕上げをオプションで付けるだけで同じデザインでも見た目のイメージは大きく変わりますし、名刺交換において相手にインパクトを与えるのは大事なので料金をプラスして支払う価値は十分にあります。

 

ビジネス名刺を作るのであれば両面光沢仕上げが最適で、次のように考えている方にピッタリの加工です。

 

  • 他人と差を付けたい
  • ありきたりな名刺は嫌だ
  • 印象に残るような名刺が欲しい

 

コート紙を使って印刷をするよりも、特殊な加工で作成した方が表面にツヤや滑らかさを出すことができますよ。

 

他にも、2018年現在では文字DECO名刺やデザインDECO名刺など普通とは違った特殊な名刺を作成できますので、他者と差を付けたい人は公式サイトで確認してみましょう。


「名刺をVistaprint(ビスタプリント)で作成」に関するページ