Vistaprint(ビスタプリント)とデータ入稿

Vistaprint(ビスタプリント)とデータ入稿について

Vistaprint(ビスタプリント)とデータ入稿について

Vistaprint(ビスタプリント)では既存のテンプレートを使用して名刺を作成できるだけではなく、自分で作成したデータを入稿して印刷することができます。

 

無料ソフトを使って名刺を作成し、自宅のプリンタで印刷をしているという方は多いのではないでしょうか。

 

パソコンとプリンタ、そして通販で名刺作成用の用紙を購入すれば作れますし、コストを最小限に抑えてオリジナルの名刺を手に入れることができます。

 

しかし、業者に依頼して印刷した状態と比べると品質が悪く、思うような仕上がりにならないことが多いため、データ入稿してVistaprint(ビスタプリント)に印刷をお願いした方が良いのです。

 

「Illustrator(イラストレーター)などのソフトを使って作成したデータを入稿するのは面倒なのでは?」とイメージしている方は少なくありません。

 

しかし、Vistaprint(ビスタプリント)では様々なファイル形式をサポートしているため、オリジナル名刺の印刷を安い価格で注文できますよ。

 

以下では、Vistaprint(ビスタプリント)で可能なデータ入稿のファイルを幾つか挙げてみました。

 

・Adobe Acrobat

・Adobe Illustrator

・Microsoft PowerPoint

・Microsoft Word

・Microsoft Publisher

・Adobe Photoshop

・Windows Enhanced Metafile

・Windows Metafile

・Bitmap形式

・JPEG形式

 

詳しくはVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで丁寧に説明されていますので、データ入稿で名刺を作成しようと考えている方は事前に確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


デジタルカメラやスキャナーで撮影した画像も名刺に取り込める

Vistaprint(ビスタプリント)ではデータ入稿により、デジタルカメラやスキャナーで撮影した画像を名刺の中に取り込んで印刷することもできます。

 

デジタルカメラで撮影した画像を使用する場合は解像度を300dpiに設定し、スキャナーも150dpiで設定されていることが多いので出力解像度を300dpiに変更しなければなりません。

 

解像度の変更を行わないと印刷した際にクリアにならなかったり、ぼやけたりしてしまうため注意が必要なのです。

 

仮に、Vistaprint(ビスタプリント)で取り入れられているデザインのテンプレートを使用したとしても、余白部分に画像を取り入れればオリジナルの名刺が出来上がります。

 

「Vistaprint(ビスタプリント)のテンプレートは魅力的だけど、余白部分に何か画像を入れてインパクトを強めたい」と考えている方におすすめの方法ですね。

 

あまりにもシンプルな名刺ですと交換する際に相手へとインパクトを与えられず、自分の顔を覚えてもらえないかもしれないので、独創的なデザインの名刺を作成してビジネスへと役立ててみてください。


「名刺をVistaprint(ビスタプリント)で作成」に関するページ