運気が上がるデザインの名刺作成

運気が上がるデザインの名刺を作成しよう

運気が上がるデザインの名刺を作成しよう

仕事運を上げてたくさんの成果を出せるように、運気が上がるデザインの名刺を作成するのは選択肢の一つです。

 

「少しでも給料をアップしたい」「早く昇進したい」「早く会社の役に立ちたい」と考えている方は少なくありません。

 

運ではなく実力がなければ意味がありませんが、風水的な視点に立って名刺を作成してみても面白いのではないでしょうか。

 

そこで、以下では運気を上げるためにどんなデザインの名刺を作成すれば良いのか例を幾つか挙げてみました。

 

・エネルギーが集まる中心に名前の文字がかかるようにする

・ラッキーカラーを名刺全体のデザインとして取り入れる

・新規の出会いやプロジェクトを増やしたい時はクロスのデザインを入れる

・大きな夢を叶えたい時は右上にイラストやロゴを配置する

・「刺す」「突く」といった印象のある鋭角的なデザインやロゴが避ける

 

「運気がアップしなくても仕事を成功させるには自分が全て」と考えている人にとっては必要ないかもしれません。

 

しかし、ビジネスで使う名刺のデザインや作成方法は全て個人の自由ですし、多少は考慮しても良いのです。

 

既に決められたテンプレートを使って名刺を作成する場合も、名前やロゴの配置を上手く変えて運気をアップさせることはできます。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)はオンライン上で自由に作成し、印刷まで依頼できるサービスです。

 

100枚で980円という格安の料金も魅力的なので、どのサービスに依頼しようか迷っている方はVistaprint(ビスタプリント)を選んでみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


縦型と横型の名刺で仕事の向き不向きが変わる

現在の日本のビジネスでは横型の名刺が一般的ですが、企業によっては縦型のデザインを取り入れることがあります。

 

実は縦型と横型で仕事の向き不向きが分かり、どのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

縦型の名刺⇒信用や安定をあらわしていて弁護士や税理士などお堅い職業に向いている

横型の名刺⇒人脈の広がりをあらわしていて自営業や営業などコミュニケーションを重視する職業に向いている

 

縦型なのか横型なのかに加えて、「北西は会社員」「北東はインテリア」「南西は養育関係」「南東は広告代理店」といったように場所によってあらわす運気が異なります。

 

自分の職業や職種に合わせてデザインを決め、方位に当たる面に文字やロゴを配置した名刺を作成して仕事で成功できるようにと祈ってみてください。


「名刺作成とテンプレート」に関するページ