かっこいい名刺を作成しよう

誰もが目を見張るようなかっこいい名刺を作成したいと考えているサラリーマンの方は多くいらっしゃいます。

 

名刺が与える印象で他人と差別化することはできますし、シンプルな名刺よりもかっこいい名刺の方が相手に残る印象はより大きくなるはずです。

 

もちろん、自分の今の職業と名刺のデザインがマッチしていなければ全く意味がありませんが、かっこよくて尚且つ個性を引き立たせるような名刺を作成するのは一つの選択肢だと説明できます。

 

かっこいい名刺を作成するにはテンプレートの種類だけではなく、取り入れられている紙質の数や加工方法の種類にも気を配らなければなりません。

 

紙素材ではなくプラスチック素材を取り入れていたり、特殊な加工法が用意されたりしていれば、他の業者に依頼した時と比較して大きなインパクトを与えることができます。

 

その業者の一つが「SuperPrint」で、パールの入った用紙や糸くずの入った用紙が採用されており、型押し(レタープレス)や切り抜きといった特殊な加工を施せるところが特徴です。

 

「UV×Design」でも、キラキラと光沢感があるような用紙や和風を引き立たせる用紙で名刺を作成でき、かっこいい名刺を作りたいという方におすすめとなっております。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、オフ・ホワイト・マットや両面光沢仕上げといった特殊な加工を使った名刺の作成が可能です。

 

通常の費用に加えて、それぞれ480円、680円という追加料金を支払わなければならないものの、高い費用がかかるわけではないのでかっこいい名刺を作成したい方はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、かっこいい名刺やクールなデザインの名刺を持っていれば自分に自信が付きますし、相手と名刺交換をした際に強い印象を残すことができます。

 

基本的に初対面の人と名刺交換をするのが一般的ですし、お互いの情報がほとんどないケースも多いかもしれません。

 

そのような時に、他の人とは異なるかっこいい名刺を持っていれば、インパクトを与えて自分のことをより覚えてもらえるはずです。

 

ただし、名刺交換の際に自分の印象を大きくしたいといっても、勘違い名刺を作成しないような注意が必要となります。

 

イラストレーターであればまだしも、かっこいいデザインでもキャラクターが印刷されていたり何の仕事をしているのかサッパリだったりという名刺は、ビジネスマンとして不適切なのです。

 

相手から渡されて、「この名刺はちょっと違うのでは・・・」と思うようなデザインは避けなければなりませんし、逆に悪い印象を相手に与えることになるので注意が必要となります。

 

また、「ポストの高い順から渡す」「名刺を貰ったら自分の名刺入れの上に置いておく」「商談が終了しそうなタイミングでしまう」「貰った名刺に他の情報を書き込んではならない」という名刺交換のマナーもきちんと覚えておくべきです。

 

いくらかっこいい名刺を持っていたとしても、ビジネスマンとして常識の名刺交換マナーが分かっていなければ何の意味もありません。


「名刺作成とテンプレート」に関するページ