右揃えのデザインの名刺について

「ビジネスで使用する名刺のデザインは右揃えが良いの?それとも左揃えが良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

これは特に決まっているわけではなく、自分の好みに応じて変えられるというのが答えです。最もオーソドックスなデザインの名刺は左揃えかもしれません。

 

しかし、右揃えの名刺や中央揃えの名刺を作成しているビジネスマンはいらっしゃいますし、ある程度文章が揃っていて読みやすいのならば何でも良いのです。

 

「名前や会社名は左揃えなのに、電話番号や住所は右揃え」という名刺は見難いですし、名刺を渡された相手は戸惑ってしまいます。

 

名刺交換で自分の印象が決まると言っても過言ではないので、渡された相手の気持ちに立ってデザインやテンプレートを決めるのが名刺の作成において大事なのです。

 

ある程度文字を揃えた方が見やすいですし、「左揃え」「右揃え」「左右揃え」「中央揃え」を意識して作成してみてはいかがでしょうか。

 

名刺を作成するに当たり、テンプレートの種類に気を配っている方は多いかもしれませんが、文字の配置も想像以上に大事だと心得ておくべきです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ならば、最初にお好きなテンプレートを選択し、オンライン上で自由にデザインできるシステムが取り入れられております。

 

右揃えでも左揃えでも個人の自由ですし、何よりも100枚で990円という価格が魅力的なので、まずはVistaprint(ビスタプリント)の公式HPで詳細を確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺を作成するに当たり「右揃えなのか?」「左揃えなのか?」といった点以外にも注意するポイントがあります。

 

それは「主役明示」で、どの部分を強調したいのか事前に考えておかなければなりません。

 

例えば、名前は最も強調したい部分なので他の文字と比べて大きめのフォントサイズを使う必要があり、余白をある程度設定すると主役が直ぐに目に止まります。

 

相手に自分の色々な情報を伝えたいということで、名刺の中に山ほど情報を盛り込んでいるような人は多いのではないでしょうか。

 

少しでも自分の良い部分を知ってもらいたいという気持ちは分かりますが、余白が設定されていないと「主役明示」があやふやになり、何を伝えたいのか分かりにくくなります。

 

文字が詰め込まれすぎていると名刺を貰った相手は読む気をなくしてしまうので、自分のプロフィールなどを掲載したいのならば裏面を活用したデザインの名刺を作成してみてください。


「名刺デザインの種類」に関するページ