古典柄のデザインの名刺を作成しよう

名刺を作成するに当たり、古典柄のデザインを活用するのは選択肢の一つとなっています。

 

その名の通り古典柄とは昔のイメージを彷彿とさせるようなデザインを指し、老舗企業へと勤めている方におすすめです。

 

着物屋やハンコ屋など日本独特の伝統を取り扱う仕事へと携わっているのならば、西洋的なデザインの名刺よりも古典柄のデザインの名刺の方が親近感が湧くのではないでしょうか。

 

企業や自分のイメージを名刺の中に出すのはとても大事なことですし、あまりにもイメージと異なると相手が違和感を抱く大きな原因となります。

 

そこで、古典柄の名刺を作成したいのならば和風名刺専門店が適しており、個性溢れる和風デザインを取り扱う名刺印刷サイトです。

 

一昔前から慕われている模様を模様を使った着物柄などを採用しており、独特な味わいがあります。

 

以下では、他にもどのような特徴が和風名刺専門店にあるのかご説明しているので、「この業者を利用して名刺を作成したい」と考えている方は参照してみてください。

 

 

・ハイトーンやマイルド、光沢紙など様々な用紙を使って印刷してくれる

・片面白黒でも両面カラーでも20枚という少部数の注文から承っている

・午前中にデザインOKを頂いた場合は当日中に発送してくれる

・古典柄に焦点を当てたデザインの種類がどの業者と比較しても多い

・和紙名刺や筆文字名刺など特徴的な名刺も個人の要望に合わせて作ってくれる

・上品な大人系やシンプル系といったテンプレートも用意されている

 

 

上記のような特徴があり、ビジネスで使う名刺を作成したいのならば和風名刺専門店が適しています。

 

名刺はビジネスシーンの必需品と言っても過言ではなく、どの企業へと勤めている方もこの点に関しては全く一緒です。

 

しかし、和風名刺専門店はコストパフォーマンスが悪いというデメリットがあり、オーソドックスな片面カラーでは下記のような料金設定となっていました。

 

 

20枚:1,790円

30枚:2,630円

50枚:3,470円

100枚:4,730円

150枚:6,830円

200枚:9,350円

 

 

名刺の消費量が多い人にとっては大きな負担となりやすいので、少しでも料金を抑えたいのならば当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)でも古典的なデザインのテンプレートは幾つも用意されていますし、何よりも100枚で990円という格安のコストで作成できるのが大きな魅力なので公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの種類」に関するページ