個人の名刺デザインについて

名刺は何もビジネスの場だけで使用するとは限らないので、個人名刺を用意しておくのは選択肢の一つとなっております。

 

実際に、ビジネス名刺とプライベート名刺を使い分けているという方はいらっしゃいますし、勉強会や婚活といった場所で個人名刺が必要となるケースは十分にあるのでデザインを考えておくべきです。

 

自分のイメージに合ったデザインが良いので一概には言えないものの、個人名刺はビジネスで使う名刺と比べて多少はラフな感じを漂わせる方が良いかもしれません。

 

あまりにもシンプルなデザインの名刺ですとお堅い印象を相手に植え付けてしまいますし、近寄りがたい存在になるかもしれないので多少の遊び心は持っておいた方が良いのです。

 

もちろん、名刺の中に記載する内容もしっかりと考慮しなければならず、名前・電話番号・メールアドレス・ソーシャルメディアアカウント・サイトURLなどが妥当だと言えます。

 

個人名刺の中には会社名や部署名などは必要ないですが、あまりにも記載する内容が少なくてスカスカになるのであれば、自分のモットーやスキルを箇条書きで記載してみるのが良いのではないでしょうか。

 

高品質なフルカラー印刷のVistaprint(ビスタプリント)では、ビジネス名刺だけではなく個人用名刺の作成も可能で、豊富なデザインの中から選択することができます。

 

テキストを入力してロゴや画像をアップロードすれば簡単に出来上がりますし、25枚で980円というお手頃な価格も魅力的なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で個人用名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、独立開業して個人事業主になったのであれば、いざという時のために名刺を用意しておかなければなりません。

 

「取り引き先と会う機会はほとんどないから名刺は作らなくても良いのでは」と考えている方は多いはずです。

 

しかし、名刺は事業を行っていく上で自分の顔そのものですし、名刺交換する機会があった時に用意していなければ一気に信用を失くしてしまいます。

 

「この人には常識がないのでは」「社会人として不適切なのでは」と思われてしまったら、そこからビジネスへと発展するわけがないので、個人事業主の方もお好きなデザインの名刺を用意しておくべきです。

 

即日で名刺を手に入れるのは難しくても、現在では短納期の名刺印刷業者は増えておりますし、自分で自由にデザインを選んで作成することができます。

 

上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)はその際たる業者ということで、個人事業主の方は名刺の作成を依頼してみてください。


「名刺デザインの種類」に関するページ