古風なデザインの名刺について

個人の職業によっては単純にカラフルにしてインパクトを強めるよりも、古風なデザインの名刺を作成した方がイメージアップに繋がります。

 

「伝統的な着物を作っている会社」や「和風の織物を販売している会社」などに勤めているのならば、古風なデザインの方がしっくりとくるのです。

 

上品で古風的なデザインの名刺を作成していれば、交換した際にどのような職種なのか大まかな予想がつきます。

 

名刺は自分の身代わりとなる重要な存在ということで、和のテイストをふんだんに盛り込んでみてはいかがでしょうか。

 

自宅で無料ソフトとプリンタを使用し、和風のデザインの名刺を作成するのは少々難しくなっております。

 

それに、名刺を印刷した後にカットしなければならないので、ビジネスで使用する名刺は業者に依頼した方が良いかもしれません。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では何と4,000種類を越えるテンプレートが用意されており、お好きなデザインの名刺を作成することができます。

 

その中にはゴージャスでデザインや古風なデザインなどたくさんの種類があり、自分の職業やイメージに合ったものを見つけられるはずです。

 

しかも、100枚のプレミアム名刺が990円と自宅で作成するのと変わらない金額で注文できるからこそ、個人事業主やフリーランスから愛されているのではないでしょうか。

 

オンライン上で自由にデザインして注文を確定させられるので、まずはVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、当サイトではご紹介していないものの、「アンドユー」でも古風なデザインのテンプレートが数多く取り揃えてあります。

 

名刺を作成する料金はVistaprint(ビスタプリント)よりも高いものの、もっと自分に合ったテンプレートが見つかるかもしれません。

 

「どのような名刺が自分に合っているのか?」「今の職業にピッタリの名刺はあるのだろうか?」と考えるのは非常に大事なのです。

 

全ての業者で和風のデザインの名刺が取り入れられているわけではないので、「アンドユー」の公式HPを確認してみるのが良いのではないでしょうか。

 

ただし、これはどの業者で名刺の作成を依頼する際にも言えますが、お使いのブラウザやモニターによって実際の色合いと異なる場合があります。

 

業者のホームページではデザインを確認できますが、「実物がちょっと違った」「もっと色鮮やかだと思っていた」「文字が想像以上に薄かった」というトラブルは十分に考えられるのです。

 

そのため、特殊な用紙を使って名刺を作成する場合は特に、事前にサンプルを注文できるような業者を選んでみてください。


「名刺デザインの種類」に関するページ