海外の名刺デザインについて

日本よりも海外の方が名刺のデザインに凝っており、絶対に日本では使われないような名刺を作成しビジネスで活用しているという方はいらっしゃいます。

 

ハイセンスでクオリティの高い名刺デザインが海外では取り入れられており、どのようなテンプレートがあるのかサイトを閲覧してみれば何かしらの参考になるかもしれません。

 

海外の方が圧倒的にオリジナリティがありますし、ユニークさを兼ね備えているという点では日本は少しお堅いような気がします。

 

ビジネスで使われるような名刺は基本的に91mm×55mmの長方形の名刺ですし、奇抜な名刺を作成しているような方はほとんどいらっしゃらないはずです。

 

もちろん、海外で使われているようなユニークな名刺を使えばビジネスで上手くいくというわけではありませんが、「オリジナリティを出す」という心掛けは大切だと言えます。

 

名刺のデザインに凝れば注目度をアップさせられますし、自分の実力が伴っていれば「この人と一緒であれば楽しく仕事ができそう」「この人ならば信頼できそう」というイメージを植え付けられるはずです。

 

海外で取り入れられている名刺は全て奇抜なものというわけではなく、「シンプル・イズ・ベスト」という精神に則ったデザインもたくさんあります。

 

海外で使われている名刺のデザインにどのようなものがあるのか知りたいという方は、下記でご紹介しているサイトを参考にしてみてください。

 

  • 「Creattica」・・・・名刺やカードを中心とするグラフィックデザインを拡大して見られる。
  • 「GraphicRiver」・・・・ハイクオリティな名刺やショップカードが数多く紹介されている。
  • 「Felt & Wire Shop」・・・・女性の方に合うようなオシャレなデザインの名刺が紹介されている。
  • 「Lovely Stationery」・・・・かっこいいデザインの名刺や文房具を中心に掲載されている。
  • 「Homespun with Heart」・・・・真似したいと思えるようなカードデザインのアイデアが見られる。

 

日本では海外で取り入れられているようなデザインの名刺を作成しても、ビジネスの場で使えないという可能性は十分にあります。

 

それでも、海外のデザインやテンプレートを参考にして、人とは異なる名刺を作成しようとする心掛けは非常に重要なことなのです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、何種類ものテンプレートが取り入れられており、自分でお好きなようにアレンジしていくことができます。

 

ビジネスマンが自分の名刺を作成する業者として最適なので、是非Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの種類」に関するページ