印象に残るデザインの名刺を作成しよう

仕事の獲得に繋がる名刺を作成したいのであれば、印象に残るデザインへと仕上げなければなりません。

 

「名刺一つでは何も変わらない」と考えている方はいますが、第一印象を決める重要な要素となります。

 

名刺交換の際に相手へと良くない印象を与えてしまうと、その後の関係性に支障が出るケースも少なからずあるのです。

 

もし印象に残るインパクトの強い名刺を作っていれば、「この人は面白そう」「この人と仕事をしたい」「この人は覚えておこう」と相手は考えるため、ビジネスで役に立つのは間違いないでしょう。

 

以下では知らないと損をする印象に残る名刺の作成方法をまとめていますので、どんなデザインに仕上げれば良いのか迷っている人は参考にしてみてください。

 

・自分の職業や職種と深く関係している画像やイラストを余白部分に加える

・「この人は信頼できそうだな」といったイメージを与えられる顔写真を入れる

・四つ葉のクローバーや星形の穴あけなど特殊な形状の名刺を作る

・厚手の和紙や半透明のトレーシングペーパーなど特殊な用紙で印刷する

・名刺の裏面に地図やロゴを大きく載せる

・ゴージャスにしたりカラフルにしたりとシンプルと掛け離れたデザインに仕上げる

 

インパクトを強くするだけで良いと単純な話ではありません。

 

しかし、名刺交換をしても相手の印象に自分が残らなければ全く意味がないので、名刺をきっかけに少しでも顔を覚えてもらう対策をするのは大事なのです。

 

名刺をネット通販で作成できるVistaprint(ビスタプリント)では、7,000種類を超えるデザインテンプレートの中からお好きなものを選択できます。

 

ゴージャスだったり華やかだったりと印象に残るデザインも数多く用意されていますので、Vistaprint(ビスタプリント)で自分にピッタリの名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


名刺の作り方を工夫すると仕事を獲得できる!

「たかが名刺」と甘く考えている方は多いものの、名刺の作り方を少し工夫するだけで仕事の獲得率はアップします。

 

「印象に残るデザインの名刺を渡す」⇒「相手に自分の印象が強く残る」⇒「相手に自分の顔を覚えてもらえる」⇒「ビジネスの関係を築ける可能性が高くなる」とビジネスに良い影響をもたらしてくれるのは紛れもない事実です。

 

デザインだけではなく作り方や作成方法にも気を配らなければならず、どんな点を押さえておけば良いのかまとめてみました。

 

・連絡先だけではなく自分のプロフィールや経歴を載せる

・キャッチコピーやキャッチフレーズを余白に書く

・相手が「おっ」と思うような肩書きを設定してみる

・親近感を与えるために手書きの文字を加える

 

特別なスキルや技術がなくてもちょっとした手間を加えるだけで名刺全体のイメージは大きく変わるため、今の自分の名刺に何が足りないのかゆっくりと考えてみてください。


「名刺デザインの種類」に関するページ