ビジネスの名刺デザインについて

「ビジネスで使用する名刺デザインはどのようなものが良いのか」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、名刺一つで相手に与える印象は大きく変わりますし、初対面の人に渡してこれからビジネスに発展することを考えれば、少しでも良いイメージを植え付けたいと誰もが思うはずです。

 

「外面的なことよりも内面の方が大事」という考え方は正解ですし、間違ってはおりません。

 

それでも、第一印象をないがしろにはできないですし、「この人と一緒に仕事をしていくことができるのだろうか」という不安を与えないようにしなければならないのです。

 

基本的に、ビジネスで使用するような名刺のデザインはシンプルなものが多く、カラフルでごちゃごちゃしたような印象の名刺は嫌われる傾向があります。

 

ビジネスマンが使用するような名刺とキャバクラ嬢が使用するような名刺の種類に、大きな差が生じていることは少し考えればお分かり頂けるはずです。

 

だからといって、白と黒のデザインで構成されたモノクロの名刺が絶対に良いというわけではなく、自分の職業に合った色を加えるのは一つのポイントだと言えるでしょう。

 

例えば、情熱や活気をあらわす赤は自動車やアミューズメントといった職業の方に適しており、自然や癒しを与える緑は健康食品や飲食業といった職業の方に適しております。

 

会社ロゴがお持ちであれば、そのコーポレートカラーに沿って名刺のデザインを決定すれば、企業の印象付けにもイメージアップにも繋がるのです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、様々な色のデザインが取り入れられており、ビジネスで使用できる名刺がたくさんあるので是非一度注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、ビジネスで使用する名刺のデザインで悩んでいるのであれば、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスすると、トップページでは「美容」「技術」「医療」「自動車」「飲食」「不動産」など、業種のカテゴリ別でおすすめのデザインが紹介されております。

 

業種のイメージカラーに合わせて名刺の作成を行えば間違いはないですし、勘違い名刺や場違い名刺を作ってしまう心配もないので、参考にしてみるのが良いかもしれません。

 

シンプル過ぎる名刺が嫌なのであれば、余白部分に会社のロゴマークを入れたり顔写真を入れたりというアレンジを施せば、また一味違った名刺が完成します。

 

ただし、ビジネスにおいて顔写真を名刺に載せるのは諸刃の剣で、デジカメで撮影したような写真ではなく、プロのカメラマンに撮ってもらったイメージの良い写真を使うべきです。


「名刺デザインの種類」に関するページ