名刺デザインの種類について

名刺デザインをするに当たって用紙には幾つかの種類があり、自宅で印刷をする場合も業者に印刷をお願いする場合も、その種類の中から選択する形となっております。

 

名刺を作成するに当たってデザインやレイアウトに凝るのはもちろんのこと、上質で相手に良い印象を与えたいのであれば名刺用紙の種類にも気を配った方が良いのです。

 

名刺が相手に与える印象を考えて作成するのは基本ですし、自分が貰って嬉しいような名刺を作成すれば、イメージアップに繋がるのではないでしょうか。

 

自宅で名刺デザインを行う際、基本的にインクジェットと呼ばれる印刷方式が採用されているため、インクジェット専用紙を使っていきます。

 

通常の用紙を使って名刺を作成していくと、インクがにじみやすくて汚れたような印象を相手に与えてしまうので、印字品質の良いインクジェット専用紙を使用することでその欠点を補えるのです。

 

どのプリンタでもインクジェット専用紙を使えば綺麗な仕上がりになるはずですし、コストパフォーマンスが良いところもメリットの一つかもしれません。

 

業者を利用して名刺をデザインし印刷をしていく場合、ホワイトと呼ばれる種類の用紙を採用しているところが多く、名刺用紙としては定番のアイテムとなっております。

 

印字品質が非常に良くて尚且つコストパフォーマンスが良いということで、ほとんどの名刺印刷業者でホワイトが採用されているはずです。

 

一口にホワイトと言っても厚みには違いが生じており、ちょっとしたチラシにおすすめの約0.10mm〜0.13mm、名刺に使用される約0.10mm〜0.16mm、冊子の表紙やポスターに使われる約0.13mm〜0.19mm、DMやメニュー表に使われる約0.21mm〜0.26mmなど幾つもの種類があります。

 

薄すぎるような用紙は論外ですが、一般的な用紙よりも厚みのあるホワイト用紙を使用し、名刺を作成するのは耐久力を上げるためにも一つの選択肢なのではないでしょうか。

 

名刺を相手に渡した時にガッチリとした強い印象を与えられますし、「信頼感を獲得したい」「重みのある人間だと思われたい」というビジネスマンにおすすめです。

 

他にも、名刺印刷業者では半透明の用紙やプラスチック製のPET素材といった用紙が採用されており、独特の雰囲気を漂わせたいという方に適しております。

 

名刺の用紙の種類で相手に与える印象は大きく変わるということで、デザインに合わせてどの用紙で印刷するのがベストなのかゆっくりと考えてみた方が良いかもしれません。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、一般的なホワイトが採用されており、品質の良さで注目を集めました。

 

使用できる用紙の種類は少ないものの、100枚で990円という格安の価格は非常に魅力的ですし、両面光沢仕上げといった加工も可能なのでVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺デザインの種類」に関するページ