税理士の名刺デザインについて

税理士の名刺デザインについて

納税者の代わりに税金の申告を行ったり税務署に提出する書類を作成したりという仕事内容が主な税理士は、自分で事務所を開業したり税金に関する知識を生かして企業内で活躍したりと、その幅は非常に広くなっております。

 

自分で開業しても企業内に属していても、顧客と応対する機会は多く自己紹介をしなければならないので自分に合ったデザインの名刺をきちんと作成しておくべきです。

 

社会人として名刺を持っておくのは基本中の基本なので、名刺を持ち歩いていないような税理士はこの日本にはいないかもしれません。

 

それでも、面倒だからといって名刺のデザインの作成を適当に行っている方がいらっしゃいますが、自分の第一印象を良くするツールの一つなので丁寧に作成する必要があります。

 

税理士に適した名刺のデザインは特に決まっていないものの、顧客の信頼感をしっかりと獲得するためにも両面の名刺や二つ折りの名刺を作成してみましょう。

 

一般的な片面の名刺では書き込める情報量が限られており、あまりにも詰め込みすぎると見にくくなってしまうということで名前や事務所名など必要最低限の内容しか記載できないはずです。

 

その点、両面印刷や二つ折り名刺であれば書き込める内容が2倍にも3倍にもなりますし、自分の経歴やスキル、実施しているサービスなどを詳しく載せることができます。

 

名刺一つで自分の好感度を大きく上げられるということで、税理士の方は当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)で名刺デザインを行うのがおすすめです。

 

全部で4ページ分のスペースを使って自分を紹介できる二つ折り名刺の作成が行える業者なので、Vistaprint(ビスタプリント)に依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


税理士の名刺にはロゴマークを入れよう

税理士の方は特に名刺をデザインするに当たって、シンボルとなるロゴマークを入れるべきです。

 

税理士のロゴマークは様々なシーンで活用できるのでデザイナーさんに作ってもらう価値は十分にありますし、視覚的要素を高めてブランド化する第一歩となります。

 

ロゴマークは会社の顔そのものと言っても過言ではないですし、これからアピールしていくためにも名刺の中にデザインとして組み込んだ方が良いでしょう。

 

シンプルなデザインの名刺でも、余白の部分にロゴマークが入っているだけで見た目のイメージは大きく変わり、更なる飛躍と事業の活性化に繋がります。

 

税理士のロゴを作成するのならばランサーズがおすすめで、国内最大級のクラウドソーシングとして有名です。

 

ホームページや記事の作成がメインなのではないかと考えている方は多いものの、自分がイメージするロゴを格安の料金で作成してくれます。

 

名刺の見栄え次第ではマイナスイメージをもたれることも多く、信頼を獲得しなければならない税理士にとってあってはならない出来事ということで、ロゴも名刺も自宅で作成するのではなく専門の業者に依頼するべきです。

 

現在では高品質な印刷通販会社が数多く登場しておりますし、短納期を心掛けているところもあるので積極的に利用してみてください。


税理士の名刺に英語表記は必要?

税理士は英語で「Licensed tax accountant」となり、名刺の中に加えている方は多いかもしれません。

 

確かに、外国人のお客様とお仕事をする機会はあるかもしれませんが、無理に英語表記で名刺を作成する必要はないでしょう。

 

グローバルな企業へと勤めているビジネスマンであればまだしも、普通の税理士であれば日本語表記の名刺だけでも十分です。

 

無理にかっこつけるのではなく、全体的なデザインやロゴマークなど他の部分に力を入れて作成してください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ