薬剤師の名刺デザインについて

薬剤師でどのようなデザインの名刺を作成すれば良いのか、疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

「薬剤師の名刺デザインは○○○○」と決まっているわけではありませんが、名刺を相手がパっと見た時に職業を想像できるようなテンプレートを選ぶのが最適です。

 

錠剤やバンドエイド(救急絆創膏)といったイラストが名刺の中に記載されていれば、「薬剤師の方なのかな」「薬局で働いているのかな」と相手は想像することができます。

 

白黒のモノクロの名刺よりも、イラストや画像が入っていた方が見た目の印象は確実に良くなりますし、華やかな名刺を作るコツなのです。

 

薬剤師ではなく病院の外科医師さんや看護師さんといった医療に従事する職業の人も、同じようにメスや注射器といったイラストを加えていれば相手はあなたの職業を何となく想像できるのではないでしょうか。

 

薬剤師や医師は普通のサラリーマンとは違って名刺交換をする機会は圧倒的に少ないかもしれませんが、万が一の時に備えて自分を証明できる名刺を作成しておいた方が良いのです。

 

大切な方にお渡しする機会がゼロだとは言い切れないので、薬剤師の方もとっておきのデザインの名刺を作成しておくに越したことはありません。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、医療関係の仕事に従事している人に適したデザインのテンプレートが取り入れられております。

 

どんなデザインでも100枚の名刺が990円という格安の価格で販売されているので、薬剤師の方はVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで詳細を確かめてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)だけではなく、「Zazzle」や「OKEYA」といった業者でも、薬剤師に適したデザインの名刺を作成できます。

 

シンプルなテンプレートから特徴的なイラストが入った名刺まで数多く取り揃えてあり、自分のイメージに合ったデザインを見つけられるはずです。

 

特に、「Zazzle」ではそのデザインが豊富に取り揃えてあり、名刺作成にかかる料金もそこそこ安いという特徴があります。

 

コストを削減するために自宅で名刺を作成しようと考えている方は多いものの、シンプルなデザインになりやすいのが大きなデメリットかもしれません。

 

プライベートで使用する名刺ならばまだしも、ビジネスで使用する大事な名刺は全体的なデザインで印象が大きく変わるので、細心の注意を払って作成した方が良いのです。

 

イラストレーターやフォトショップといったデザイン作成ソフトを使いこなせなければ満足のいく仕上がりは期待できないので、業者を利用して作成と印刷の両方を行ってもらってください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ