運送業の人は名刺は作成すべき?

「運送業に名刺は必要なのか?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

 

名刺は取引先やお客様に渡す際に役立ち、運送業の人も顧客と接する機会はあります。

 

トラックやタクシーの運転手がまさに該当しますし、どんな仕事をしているのか明確に伝えるためにも自分の名刺を作成すべきです。

 

運送業の人が名刺を作成するに当たり、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

・自分がどんな運転手なのか証明するツールを持てる

・会社名や部署名が記載されている名刺をお客様に渡すことで信頼感を獲得できる

・役職が上がるにつれてお客様以外の様々な人と出会い、自分をアピールできる

 

会社によって用意してくれるところもあるので一概には説明できませんが、運送業の人が名刺を用意した方が良いのは紛れもない事実です。


運送業の名刺を作成するに当たって取り入れたいデザインは?

名刺の第一印象は全体的なデザインで決まるため、「自分の職業にはどんなデザインが適しているのか?」といった点を考えなければなりません。

 

そこで、以下では運送業の名刺を作成するに当たり、取り入れたいデザインの目安を幾つか挙げてみました。

 

・トラックやタクシー、バスなど自分が運転する車に合わせてイラストを余白へと加える

・「きちんと荷物を届けてくれる」という信頼感を獲得できる誠実そうなテンプレートを選ぶ

・お客様へと安心感を与えるために顔写真を入れる

 

テンプレートの種類に拘るだけではなく、イラストや顔写真を入れるのも実に効果的です。

 

近年では自分をアピールするために、名刺の中に顔写真を入れて作成する方が増えました。

 

「恥ずかしい」「写真写りが悪い」と考えている方は多いものの、自分の顔をしっかりと覚えてもらう際に役立ちます。

 

ただし、ただ自分の写真を余白部分に入れれば良いわけではなく、「笑顔かどうか」「信頼できるかどうか」と選び方にも拘らなければなりません。

 

デザインに関しては、ネット通販のVistaprint(ビスタプリント)であれば豊富な選択肢の中から選べます。

 

「トラック運送業」「運転代行業」「メッセンジャーサービス」など、自分の職業に合わせてデザインを検索できるのでVistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


名刺図鑑も運送業の名刺作成におすすめ!

印刷会社に依頼して名刺を作成するに当たり、名刺図鑑もおすすめです。

 

名刺図鑑では運送業の人にピッタリのデザインテンプレートが幾つも取り入れられていました。

 

・信号機のイラストが入ったデザイン

・可愛らしい車やトラックのイラストが加えられたデザイン

・車から吹き出しがある独創的なデザイン

 

片面カラー30枚で2,000円とVistaprint(ビスタプリント)よりも料金が高いのがデメリットですが、「これだ!」と思えるデザインがあれば作成や印刷を依頼してみましょう。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ