清掃業の名刺を作成する上でのポイントは?

「清掃業の職業の人は名刺を作成する意味がないのでは?」と疑問を抱いている方は少なくありません。

 

確かに、他のサラリーマンと比べると名刺交換をする頻度は圧倒的に少ないものの、自分を紹介するツールとして用意しておくのは選択肢の一つです。

 

そもそも、清掃業がどんな種類に分けられているのか幾つか挙げてみました。

 

・ビルクリーニング:オフィスビルや高層建築物の清掃を行う

・病院清掃:病院など医療施設を綺麗に掃除する業務

・ハウスクリーニング:住宅のゴミやホコリを中心に掃除する

・特殊清掃:一般的な掃除とは違い、孤立死や孤独死で汚染や血液を除去する仕事

・クリーンルーム施工:クリーンルームの設計や施工といった業務を行う

 

一口に清掃業と言っても、様々な種類に分けられることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

そこで、以下では清掃業の人が名刺を作成する上で押さえておきたいポイントをまとめていますので、「会社命令ではないけれど自分のイメージに合ったデザインの名刺を作りたい」と考えている方はチェックしておいてください。


清掃業のイメージに合うデザインテンプレートを使う

名刺を渡すに当たり、自分や職業のイメージに合っているかどうかを考慮しなければなりません。

 

あまりにもかけ離れたイメージのデザインテンプレートを使っていると、「この人はどんな仕事をしているのかな?」と疑問を抱かれる原因となります。

 

清掃業の中にもたくさん種類があるので一概には説明できないものの、以下ではおすすめのデザインを挙げてみました。

 

・「綺麗に掃除する」という意味合いで青や水色のカラーのデザインを選ぶ

・ハウスクリーニングの職業の人は綺麗な家のイラストや画像を使う

・掃除機やモップ、バケツなど清掃業と関係のあるイラストを余白に入れる

・ゴチャゴチャとしたデザインではなく、スッキリと清潔感を相手に与えられるようなテンプレートを選ぶ

 

これらのデザインを選んでいれば大きな失敗はなく、相手の印象にしっかりと残すことができます。

 

しかし、自分で一からデザインするのは非常に難しいため、ネット通販で名刺の作成や印刷を依頼できるVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

 

「清掃業」とキーワード検索をすればあなたにピッタリのテンプレートがヒットしますので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでデザインを探してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


取得している資格を裏面に表記する

清掃業としての知識やスキルがあると証明するために、取得している資格を名刺の裏面に記載して作成するのは効果的です。

 

具体的に清掃業の資格を幾つか挙げてみました。

 

・ビルクリーニング技能士:ビルの製造の技能を証明する資格

・清掃作業監督者:建築物全体の清掃の監督業務を行う

・病院清掃受託責任者:医療法施行規則で病院の清掃に関する知識を持つ

・酸素欠乏危険作業主任者:排水ピットといった場所で業務の監督を行う

 

1つの資格しか持っていないのであれば、表面にメールアドレスや電話番号などの連絡先と一緒に載せて構いません。

 

しかし、複数の資格を持っていて自分をアピールしたいのであれば、文字が小さくなり過ぎないように両面の名刺を作成してみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ