ピアニストに適した名刺のデザインは?

ピアニストの名刺デザインについて

ピアノの先生やピアニストの方は会社員と同じように様々な人と出会う可能性があるので、自分の名刺をしっかりと作成しておくべきです。

 

いざ自分を紹介する時に名刺がなければ絶対に困りますし、相手を不快な気分にさせてしまうかもしれないので、自分のイメージと合うデザインの名刺を作る必要があります。

 

ピアニストやライブハウスのスタッフなど、音楽関連の仕事とマッチしたデザインのテンプレートが一体何なのか迷っている人は多いかもしれません。

 

ピアニストの方が絶対に使用した方が良いデザインのテンプレートは特にありませんが、音楽と関係のあるイラストが載っていればどんな仕事をしているのかある程度想像できます。

 

背景は優しい感じのする色であれば何でも良いですし、余白部分に音楽関連のイラストが加えられていれば、ピアニストだということを相手に分かりやすく伝えられるはずです。

 

仕事の名刺や趣味の名刺を取り扱っている「PUCHI!名刺」では、音楽業界に勤める方に適したデザインのテンプレートが豊富に取り揃えられています。

 

ピアノのイラストが掲載された名刺やクラリネットの名刺、音符や鍵盤の可愛いイラストが載った名刺など、ピアニストの方にも実に最適です。

 

どの名刺でも20枚の注文だと3,000円と少々高くなっているものの、100枚の注文であれば3,500円で済むので気に入ったデザインを見つけて購入してみてはいかがでしょうか。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも、音楽関連の仕事に就いている方にピッタリのデザインの名刺が多く、100枚で980円と「PUCHI!名刺」よりも圧倒的に安いので、是非注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


イラストや画像の著作権には注意!

名刺印刷業者で取り入れられているテンプレートであればどんなデザインでも使用できますし、ピアニストに合ったデザインで名刺を作成することができます。

 

しかし、自宅で無料ソフトを使って名刺を作成する場合、インターネットで掲載されているピアノといった楽器のイラストを勝手に使ってはいけません。

 

どんな写真やイラストにも著作権があり、私的利用の範疇を超えた範囲で使用してはいけないという決まりになっています。

 

インターネットで掲載されている画像を自分のパソコンのデスクトップの画面に使うのは、私的な利用なので特に問題はないでしょう。

 

しかし、名刺は私的利用ではなく不特定多数の人に配るツールですし、自分や会社をPRするものなので、勝手にイラストを使うのは著作権の侵害となり違法行為に繋がるのです。

 

違法行為の名刺はどんなにデザインが良くても意味がなく、「著作権の侵害なのではないか?」と相手に思われれば確実に自分の印象は悪くなります。

 

そのため、気に入ったデザインのイラストがあっても、サイトやブログから勝手に引用してはならず、「PAKUTASO」や「モデルピース」、「ビジトリーフォト」といった無料で使用できるフリー素材を活用してください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ