教員の名刺デザインについて

教員の名刺デザインについて

「教員の常識は一般世間の非常識」というフレーズを耳にしたことがある方は、少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

これが本当かどうか定かではないものの、会社員のように名刺を持っていなかったり狭い自分達の世界に閉じこもっているという印象から、このようなフレーズが生まれるようになりました。

 

確かに、教員の方で名刺自体を持っていないというケースは意外と多く、配る人がいないからだと説明できます。

 

校長や教頭といった目上の立場になればまだしも、一般的な教員は基本的に生徒や他の先生としか関わらないですし、名刺をデザインする必要が一切ないというわけです。

 

それに、会社員であれば会社から名刺が支給されるのに対して、教師や教員の方は自腹で作らなければならないという決まりがあります。

 

この傾向は学校によって異なるので一概には説明できませんが、名刺代を学校側が支給してくれず、尚且つ使用する機会がなければデザインしても意味がないと考えるはずです。

 

とは言え、教員の方でも名刺を作成して積極的に人脈を作っていこうと努力を行うのは決して無駄な行為ではないので、そこまで凝ったデザインではなくても名刺の一つは用意しておいた方が良いのではないでしょうか。

 

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、教員の方に適したシンプルなデザインの名刺を取り扱っており、公式サイトにアクセスすれば自由にカスタマイズすることができます。

 

100枚のビジネス名刺が990円と、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るのがVistaprint(ビスタプリント)の魅力なので、中学校や高校で支給されなくて自腹を切らなければならない人は是非一度作ってみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


都道府県のシンボルイラストを名刺に取り入れよう

中学校や高校の教員が名刺を持った方が良いのかという問題に関しては、これからも議論されていくはずです。

 

以前は公立中学では名刺を持つ義務が一切なく、自分から積極的に作成するような教員は周りから良く思われないという時代がありました。

 

現在でもこのような傾向が残っている学校はありますし、名刺を持つ人間が叩かれるのは自己満足と自己顕示欲が強いからだと判断されることが大きな要因かもしれません。

 

それでも、自分の名刺を持つこと自体がルール違反というわけではないので、人脈を広げるのが目的でお気に入りのデザインで名刺を作成するのは手段の一つというわけです。

 

教員が持つ名刺はナチュラルなデザインが適しており、以下のように都道府県のシンボルイラストを取り入れるとより魅力的な名刺が出来上がるのではないでしょうか。

 

・大阪府のモズ

・東京都のソメイヨシノ

・香川県のオリーブ

・神奈川県のヤマユリ

・山梨県のふじさくら

・愛知県のカキツバタ

・山口県の夏みかんの花

・鹿児島県のミヤマキリシマ

 

また、名刺印刷業者の中には都道府県のモチーフキャラクターを使った名刺を作れるところがあるので、お気に入りのデザインを見つけて作成してみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ