個人事業主の名刺デザインについて

独立開業の際に必要なツールの一つが名刺で、個人事業主の方もしっかりと用意しておかなければなりません。

 

どのようなデザインの名刺でも構いませんが、自分の印象を相手に植え付けてこれからビジネスへと発展できるようにと作成しておく必要があります。

 

事業をできる限りスムーズに軌道に乗せたいのであれば、自分が起業した内容や連絡先を伝える手段の一つとして名刺を作成しておくべきです。

 

「個人事業主はあまり名刺交換をしないから作成しておかなくても良いのではないか」という考え方は間違っておりますし、大切なチャンスを逃すことにもなります。

 

とは言え、個人事業主の屋号と名前、そして連絡先が載っていれば良いわけではなく、名刺交換をした相手が自分の名刺を見返して思い出してくれるような印象の強いデザインの名刺を作成しておかなければ、存在しないのと全く一緒なのです。

 

時間とお金をかけて起業の準備を少しずつ進めたとしても、仕事の依頼に繋がることはありませんしただでさえ法人と比べて個人事業主は信用されない傾向があるので、一目で何をやっているのか分かるようなデザインの名刺を作成しましょう。

 

交換した相手が名刺ホルダーを見返した際に、自分を思い返してくれるようなデザインの名刺を作れば、その人とビジネスに発展する可能性は十分にあります。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)であれば、様々なデザインのテンプレートが用意されているので、個人事業主の方に適した名刺を作成できるはずです。

 

実際に、個人事業主でビジネス名刺を作成するためにVistaprint(ビスタプリント)を利用している方は実に多いので、自分に合ったデザインを見つけてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺は連絡先を相手に伝えるツールだけではなく、自分の代わりに24時間働いてくれる営業マンとも言える存在です。

 

起業の準備を進めて個人事業主になり、これから事業をして稼いでいくのであれば失敗はできる限り避けたいと考えるのが普通だと言えるのではないでしょうか。

 

そのためには少しでも人脈を増やす必要があり、その方法の一つが名刺ということで、自分のイメージと合ったデザインの名刺を作成しなければならないのです。

 

他のビジネスマンの名刺と一緒で、個人事業主の名刺も連絡先が明確でなければ全く意味がないので、電話番号やメールアドレスといった情報は間違いのないように載せておく必要があります。

 

ただし、ビジネスチャンスを少しでも広げようと考え、facebook等のアカウントを無駄に載せ過ぎるのはできる限り避けるべきです。

 

名刺を交換する相手がSNSに対して良いイメージを抱いていない可能性があるので、1つか2つ程度に留めておくのが無難かもしれません。

 

また、肩書きの記載にも注意が必要で、個人事業主の場合は経営と所有が一緒のため、「代表取締役」という表現は不適切となっております。

 

相手に不快感を与えないためにも、「代表」「代表者」「コンサルタント」といった肩書きを設定しておくべきです。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ