研究者の名刺デザインについて

研究者の名刺デザインについて

研究者の方は個室に篭って研究に勤しんでいるというイメージがあり、名刺交換をする機会は一切ないと考えている方はいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、研究者によって異なりますが学会といった色々な人が集まる場所に参加する機会はあるはずですし、その時に自分の印象を良くするためにイメージの合うデザインの名刺を作成しておいた方が良いのです。

 

いざ名刺交換の場になった時に、「名刺を持っておりません」と答えていては相手に与える印象は確実に悪くなってしまいます。

 

研究者でも会社員でも、いつどんな時に名刺が必要となるのか予想できませんし、大事なチャンスを逃すことになるかもしれないので自分を強調させるデザインの名刺を作っておくべきです。

 

部屋の中に引きこもって作業を進める研究者でも、いかにして自分をアピールしていくのか考えることは重要なので、そのツールの一つである名刺は積極的に利用した方が良いでしょう。

 

自分が発表する学会やシンポジウムの前に名刺を配っておくことで、自分がどのような人間なのか聞いている人に効率良く伝えることができます。

 

パソコンの中に元々入っているワードや、AdobeのIllustratorといった無料ソフトを活用すれば、自宅で簡単に名刺を作成できるのです。

 

とは言え、これらのソフトで作成できる名刺のデザインは限られてしまうということで、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)の利用をおすすめします。

 

研究者の方にピッタリのデザインのテンプレートも見つかるはずなので、一度Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


職業からイメージできるイラストを取り入れるのがポイント

名刺デザインをするに当たって、自分の職業からイメージできるイラストを組み込むのは選択肢の一つとなっております。

 

元々のデザインがシンプルなありきたりなテンプレートの場合、他の人と差別化することができないのです。

 

社交辞令として名刺交換を行うのではなく、自分の名前を少しでも覚えてもらうために配るツールなので、インパクトを大きくするためにイラストを取り入れた方が良いということはお分かり頂けるかもしれません。

 

研究者と関係の深いイラストとしてはビーカーや白衣などが挙げられ、それらを上手く名刺の中に組み込んでいればより良いデザインになるはずです。

 

名刺交換をするに当たって自分が研究者であることがパっと見て分かればその後のビジネスもスムーズにいきやすく、イラストの選び方には十分に気を配ってみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ