建築士の名刺デザインについて

「建築士は名刺を作成しておいた方が良いの?」「建築士に適したデザインの名刺はあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

一般的な営業のサラリーマンとは大きく異なり、建築士の場合は名刺交換の頻度は少ないかもしれません。

 

しかし、一級建築士の人は事務所を構えて経営を行い、自分を売り込むためのツールを用意しておくべきなので、名刺を作成しておいた方が良いのです。

 

一級建築士に最適なデザインの名刺は存在しないものの、自分が建築士だと分かるようなイラストを入れるのが適しております。

 

名刺交換では自分のイメージを相手に植え付けなければならず、白黒でイラストが何もなければどのような仕事をしているのか理解しにくいのではないでしょうか。

 

その点、「家のイラストが入っている」「住宅リフォームをしているようなデザインを入れている」という名刺を作成すれば、相手へと渡した際の好感度は確実にアップします。

 

名刺のデザインがどんなに良くても中身が伴っていなければ意味がありませんし、人間にとって第一印象は大事なので多少は気を配っておいた方が良いのです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ならば、4,000種類以上のテンプレートが事前に用意されております。

 

プレミアム名刺ならばこの中から好きなデザインを選択できますし、100枚で990円という格安の価格も魅力の一つです。

 

建築士に適した名刺も少なからず用意されているはずなので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式ホームページで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、現在ではインターネット通販で名刺を作成できる業者が増えており、Vistaprint(ビスタプリント)のようにデザインを選択して印刷まで行ってくれたり、イラストレーターなどで作成したデータを入稿したりとシステムには違いが生じております。

 

また、「女性の職業に適した名刺」「ホストに適した名刺」など、職業別で効果的な名刺を作成できる業者も多いのです。

 

さすがに建築士専門の名刺作成業者はないものの、記事外注サービスなどを実施しているランサーズでは建築士に適したデザインのテンプレートが幾つもありました。

 

依頼する人によって行える仕事が異なり、ロゴデザインを作成してくれる方も少なからずいらっしゃいます。

 

自分の職業のイメージに合った名刺が作成できるので、ランサーズに依頼してみるのは選択肢の一つなのではないでしょうか。

 

もちろん、オーソドックスな名刺印刷業者に依頼するよりも価格は高いので注意してください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ