経営者の名刺デザインのコツをチェック!

会社を起業して経営者になったのであれば、事業の証明をする名刺を作成しなければなりません。

 

法人印鑑と同じように名刺はビジネスにおいて欠かせないツールの一つで、名刺交換の際に持っていなければ話にならないのです。

 

そこで、経営者の名刺デザインのコツを以下では幾つか挙げてみました。

 

ただ文字情報を入力して作成するだけではなく、「どのようなデザインにすれば会社のPRやマーケティングに繋がるのか?」といった点を考えてみてください。


自分を写す鏡としてインパクトのあるデザインに仕上げる

「名刺=自分を写す鏡のような存在」と言っても過言ではありません。

 

経営者の名刺は会社の存在そのものですし、インパクトがあって相手の印象に残るデザインに仕上げる必要があります。

 

・シンプルながらも信頼感を得られるような清潔なデザイン

・爽やかな色使いで見た目のイメージが良いデザイン

・表面と裏面を有効活用して会社を表現するデザイン

・穴が開いていて向こう側を覗けるユニークなデザイン

・半透明のプラスチック素材を使った高級な名刺

・似顔絵入りで自分の顔を覚えてもらう名刺

・複数のアイコンを並べてワンポイントアクセントを加えたデザイン

 

正解不正解は特にありませんが、経営者となる自分や会社のイメージにピッタリと合うデザインを見つけられれば、名刺を渡した時に相手が受ける印象は大きく変わるのです。

 

とは言え、自分で画像編集ソフトを使って一から仕上げるのは現実的ではないので、豊富なテンプレートから選択できるVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

 

経営者は事業の発展のためにやらなければならないことがたくさんありますし、名刺の作成はVistaprint(ビスタプリント)のような専門の印刷会社に任せてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


名刺の中に記載する情報を考える

名刺の中に記載する情報は自分で考えて、自分で決めなければなりません。

 

当然のように名前や屋号、電話番号やメールアドレスといった情報は必要です。

 

しかし、住所であれば自宅の住まいを載せるのかバーチャルオフィスを利用するのか選択に迫られますし、つまらない名刺だと思われないためにキャッチフレーズやキャッチコピーを考えるのも良いでしょう。

 

デザインという視点では少々異なる気もしますが、本当に名刺としての役割を果たしているのか再確認しなければならないのです。

 

全ての情報を小さな名刺の中に載せれば見にくくなるので、これから事業を展開していく経営者は情報の取捨選択をしっかりと行ってください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ