自衛隊の名刺作成に向いているデザイン

自衛隊の名刺作成に向いているデザイン

「自衛隊の人はデザインに凝った名刺が必要なのか」という疑問を抱えている方は少なくありません。

 

確かに、自衛隊の人が名刺交換を行っているシチュエーションはあまり想像できませんし、持つ意味がないのではと考える方が多いですよね。

 

勤務地によって異なりますので一概には言えないものの、公務員は営業活動を行う必要がないため、名刺にかかる予算は自腹になっています。

 

つまり、名刺を持たなくても良いという決まりですので、無理にデザインの凝った名刺を作る必要はないですし、周りの人間と差を付けるために作ってもプラスポイントにはならないのです。

 

お偉いがたであれば名刺交換をする頻度は多少なりとも増えるため、自腹を切って自分のイメージに合ったデザインの名刺を作成しても良いでしょう。

 

しかし、自衛隊に入りたての人間が名刺交換を行うシチュエーションはほぼ皆無ですので、「自衛隊に入隊したけど早く自分の名刺を持たないと・・・」と無理に作成する必要はないのです。

 

とは言え、現在ではビジネスではなくプライベート専用の名刺を持ち歩いている方も多く、自衛隊が名刺を作成するに当たって次の3つのメリットがありますよ。

 

  • 自分が何者なのか名刺で効率良く相手に伝えることができる
  • 「自分は社会人なんだ」という意識が強くなって仕事に精が出せる
  • 他の自衛隊の人と良好なコミュニケーションを取ることができる

 

万が一のために名刺を作成しておくことはルール違反ではありませんし、趣味の一環として作成するのは選択肢の一つです。

 

パソコンとプリンタさえあれば自宅で無料ソフトを使って作成できますし、現在では格安の料金で名刺デザインをしてくれる業者が増えています。

 

そのサービスの一つがVistaprint(ビスタプリント)で、100枚のプレミアム名刺が980円という格安の価格が大きな魅力です。

 

豊富なデザインがVistaprint(ビスタプリント)では用意されていますので、自衛隊の方が気に入るテンプレートを公式サイトで探してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


銀座名刺は自衛隊の名刺作成におすすめ!

上記で紹介したVistaprint(ビスタプリント)だけではなく、「銀座名刺」も自衛隊の方に適したデザインの名刺を作成することができます。

 

いざ名刺を作成しようと思っても、「どのようなデザインが良いのか」「どんな名刺がイメージアップに繋がるのか」という疑問を抱えている方は意外と多いのではないでしょうか。

 

そこで、「銀座名刺」では、陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の活動をイメージできるようなデザインが取り入れられています。

 

海上自衛隊であれば戦艦のイラスト、航空自衛隊であれば飛行機のイラストなど、パっと見た印象でどのような仕事をしている人なのか把握しやすいのです。

 

イラストや背景が工夫されているだけで名刺のイメージは大きく変わりますし、自分に適したデザインの名刺であれば相手に好印象を与えることができますので、自衛隊の方は是非「銀座名刺」で名刺を作成してみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ