医師の名刺作成におすすめのデザイン

医師の名刺作成におすすめのデザインはこれだ!

医師の名刺作成におすすめのデザインはこれだ!

医師や看護師といった医療関係の職種に就いている方は、どのようなデザインの名刺を作成すれば良いのか悩んでいるのではないでしょうか。

 

そもそもの問題として、「医師に名刺は必要なのか」「看護師が名刺を持つ意味があるのか」という疑問も同時に沸き上がりますよね。

 

医師と一口に言っても外科医や内科医、麻酔科医といったように仕事内容には大きな違いがありますので一概に説明することはできませんが、人と人とが接する仕事の最たる職業です。

 

患者さんとコミュニケーションを取ったりお偉いさんに会ったりと様々なシチュエーションで名刺が必要となりますので、自分の名前や所属している病院の電話番号、住所などが記載された名刺を作成しておく必要があります。

 

医師だけではなく看護師も全く一緒で、名刺を作成するに当たってどんなメリットがあるのか幾つか挙げてみました。

 

  • 初対面の人と出会った時に効率良く自己紹介ができる
  • 患者さんに自分がどんな医師なのか分かりやすく伝えられる
  • 医師のセミナーや説明会で人脈を広げることができる

 

医師が名刺を持つデメリットは特にないため、自分で作成したり印刷会社に依頼したりして用意した方が良いでしょう。

 

医師に適した名刺のデザインですが、人の命を預かる仕事ということで堅い真面目さが伝わるようなテンプレートが実に適しています。

 

しかし、あまりにも堅すぎると近寄りがたい存在となってしまいますし、TPO(時と場所に応じた方法や態度の使い分け)に合わせて、多少はくだけたデザインでアットホームさをかもし出すのも良いのではないでしょうか。

 

外科医に限らず、患者さんやそのご家族には安心感を与えなければならないため、「この人であれば任せられる」と思われるようなデザインの名刺を作成すれば第一印象をアップできるわけです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、医師といった医療関係の職種の方に適したデザインのテンプレートが取り入れられています。

 

Vistaprint(ビスタプリント)のトップページで、「医療・社会福祉」という人気業種のカテゴリをクリックすれば最適なテンプレートが幾つも表示されますので、自分や病院にピッタリと合うデザインを探してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


緑や青のカラーのデザインは医師の名刺作成でピッタリ!

医師は人の心を大切にしなければならない職業ですので、安心感を与えるようなデザインのテンプレートで名刺を作成すればイメージアップに繋がります。

 

心理学的に説明すると、安心できる色は「緑」、信頼感を与えられる色は「青」というデータが出ているため、そのカラーに沿ったデザインを適用すべきです。

 

どの印刷業者を利用しても緑色や青色のデザインのテンプレートは多く取り揃えていますので、医師の方が「自分に合う名刺のテンプレートがない」と悩むことは基本的にありません。

 

私たちは生活を送っていく上で様々な色に囲まれていて、想像以上に人の心の働きに何かしらの影響が加わっています。

 

言い方は少々悪いかもしれませんが、色彩の作用を知っていれば色を使って人を誘導させることができますので、名刺のデザインにも積極的に取り入れた方が良いわけですね。

 

特に、うつ病や自律神経失調症といった患者さんを診る精神科医は、病気を治すために安らぎを与えなければならないので、名刺のデザイン一つでも拘りを持ちましょう。

 

もちろん、名刺をパっと見た時のデザインに拘っていても中身が伴わなければ意味がないため、使用するテンプレートが決まった後にどんな情報を名刺で相手に伝えたいのか考えてみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ