飲食店の名刺を作成するに当たって取り入れたいデザイン

飲食店の名刺を作成するに当たって取り入れたいデザイン

飲食店の名刺を作成するに当たり、どのようなデザインにするのか考えるのは重要です。

 

名刺のデザインによって相手が受ける印象が異なり、インパクトを残すことでまたお客さんがお店へと足を運んでくれます。

 

飲食店の場合は名刺ではなくショップカードやポイントカードを作成するケースが多いかもしれませんが、デザインに気を配らなければならない点では変わりありません。

 

以下では飲食店の名刺で取り入れたいデザインのコツをご紹介しているので、これから居酒屋やカフェなどを開業しようと考えている方は一度チェックしておいてください。


自分のお店で提供する食べ物の写真やイラストが入ったテンプレートを使う

飲食店と一口に言っても、以下のように形態は様々です。

 

・和風の料理を提供する日本料理店

・洋風の料理を提供する西洋料理店

・中華料理を提供する中華料理店

・そば・うどん店

・コーヒーやサンドイッチを提供する喫茶店

・お酒を中心に提供する居酒屋

 

それぞれの飲食店によって提供する食べ物は異なり、その写真やイラストが入ったデザインテンプレートを使って名刺を作成すると、「このお店は○○○を食べられるのか」とお客さんは把握できます。

 

日本料理であればお刺身、西洋料理店であればハンバーグといったように、使用するデザインは特に決められていません。

 

どちらにしても、食べ物や飲み物のイラストが入っていた方が分かりやすく自分たちの飲食店の良さを伝えられます。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、フリーワードで「食べ物」と検索すると130種類以上のテンプレートがヒットしました。

 

お好きなデザインを選択して作成し、後はVistaprint(ビスタプリント)へと印刷を依頼するだけなので是非一度利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


自慢のメニューを名刺の裏面に記載する

デザインというわけではありませんが、飲食店の自慢のメニューを名刺の裏面に記載するのは作成する際に押さえておきたいポイントの一つです。

 

お店を繁盛させるためにはお客さんをどんどん呼び込まなければならず、「ここは○○○が美味しい」とインターネットで評判になれば、そのメニューを食べに足を運んでくれます。

 

・熟成のサーロインを使ったビーフステーキ

・地鶏をワインであえたチキンステーキ

・和風の食材をたっぷりと使ったスパゲッティ

・フレッシュアボカドのチキンジャンバラヤ

・ターメリックが香る十三穀米の野菜リゾット

 

このようにイチ推しのメニューを記載すると共に、使っている食材や写真を載せれば更にインパクトは強くなるでしょう。


裏面に地図を載せる

「最寄駅から飲食店までの道順が分からない」という方のために、名刺の裏面に地図を載せてあげるのは選択肢の一つです。

 

無料で地図作成できる0円のマップ屋さんであればGoogleを使って簡単に作れますし、印刷会社に依頼する場合はデータを入稿するだけなので面倒ではありません。

 

もちろん、AdobeのIllustrator(イラストレーター)といった画像編集ソフトを使ってオリジナルの分かりやすい地図を作成するのも効果的で、お客様の視点に立って名刺を作ってみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ