翻訳家の名刺デザインについて

外国語で書かれた文章を日本語に訳したり、映画やドラマといった映像を翻訳する翻訳家の方は、名刺交換をする機会が少ないと言われております。

 

フリーランスの翻訳家であれば尚更その機会は少ないですし、「わざわざデザインに凝って作成する必要はないのでは」と考えるかもしれません。

 

しかし、自分の仕事内容を証明するツールとして名刺を用意しておくのは社会人として当然のことですし、これは翻訳家でも他の職業の方でも全く一緒だと説明できます。

 

いざ名刺交換を行う際に持っていなければ、相手が受ける印象は最悪でマイナスイメージになるのは間違いないため、細部まで凝ったデザインではなくても用意しておいた方が良いのです。

 

直取引のソースクライアントや同業者に名刺を渡す機会は少なからずあるはずですし、毎日使用しないとしても万が一のために用意しておいた方が良いでしょう。

 

翻訳家の方に適した名刺のデザインは特に決まっておりませんが、相手に信頼感を与えるようなデザインがおすすめです。

 

どの職業でも信頼されることは大事ですし、ビジネスへと繋げていくのであれば欠かせない要素の一つなので、そのようなイメージを彷彿とさせるようなデザインを選べば間違いないと説明できます。

 

当サイトでご紹介している名刺印刷業者のVistaprint(ビスタプリント)は、たくさんのデザインのテンプレートが取り入れられているので、翻訳家の方に適した名刺を見つけられるはずです。

 

販促グッズや大型広告など、名刺以外の商品も取り扱っている印刷業者なので、必要に応じてVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、翻訳家の方は自然と外国人と名刺交換をする機会があるかもしれないので、英語表記の名刺をデザインするのも選択肢の一つとなっております。

 

日本人と外国人に渡す名刺をそれぞれ用意しなくても、表面に日本語表記、裏面に英語表記という使い方は十分に可能です。

 

実際に、グローバルな企業に勤めている方でこのような名刺の使い方をしている方はいらっしゃいますし、オシャレさのアップにも繋がるかもしれません。

 

片面印刷と比べて両面印刷はコストがかかるものの、名刺によって相手が感じる印象が変わるという点を考えれば無駄な出費ではないはずです。

 

上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)でも両面印刷は可能なので、翻訳家の方は2ヶ国語表記の名刺を作成してみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ