ハンドメイド作家の名刺デザイン

ハンドメイド作家の名刺デザインについて

ハンドメイド作家さんは作品展示会やフリーマーケットなど、イベント会場へと足を運ぶ機会が多く、名刺を持ち歩いていた方が良いかもしれません。

 

ただ連絡先が書かれているだけの名刺では少々殺風景なので、ハンドメイド作家さんも名刺のデザインには気を配った方が良いのです。

 

ハンドメイド作家さんに適した名刺のデザインというのは特に決まっていないものの、オシャレで拘りのある名刺を作成していれば相手に大きなインパクトを与えられます。

 

自分のことを覚えてもらうために作成するツールが名刺なので、職業に関わらずデザインには細心の注意を配った方が良いのはお分かり頂けるはずです。

 

例えば、自分の作品によって異なるので一概には言えないものの、モノクロのデザインでは少々印象に残りにくいですし、金や銀のエレガントなデザインでは趣味に走りすぎております。

 

いくらインパクトを相手に与えたいとは言っても、引かれてしまっては全く意味がないので、ハンドメイド作家さんは特に自分の作品の世界観に合うデザインの名刺を作成するのが良いのではないでしょうか。

 

作風が素朴なテイストなのにも関わらず、渡す名刺がポップな雰囲気では後で見返した時に違和感が残ります。

 

そのため、まずは自分の作品のイメージを考え、それに合ったデザインの名刺を作成するように心掛けるのがポイントです。

 

当サイトではご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)ならば、4,000種類以上のテンプレートが取り揃えてあり、ハンドメイド作家さんにもピッタリのデザインが見つかるはずなので、公式サイトで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、ハンドメイドとは本来は手作りという意味を指しており、定義は少々難しいのですが、機械を使わずに手作業で作り上げたもののことです。

 

レトロな雰囲気やオシャレな雰囲気をかもし出すために、ハンドメイドの名刺を作成してみるのは一つの選択肢かもしれません。

 

Vistaprint(ビスタプリント)のような業者に依頼して作成するのは難しいものの、自宅で紙と紐を使って作り上げたハンドメイドの名刺をビジネスとして使用している方はいらっしゃいます。

 

そんな名刺を相手に渡せば、「凄く凝った作りをしているな〜」と相手は確実に興味を示してくれるはずです。

 

とは言え、少々時間がかかるところが難点で、自分の本来の業務に携わる時間がなくなることを考えれば、業者に依頼して自分のイメージに合うデザインの名刺を印刷してもらった方が良いでしょう。

 

当サイトではご紹介しておりませんが、名刺屋アリスでは様々な職業の方にピッタリのテンプレートが用意されているので、一度依頼してみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ