風水の名刺デザインについて

風水師に適した名刺のデザインというものは特にないものの、神秘的なテンプレートを選んだ方が良いかもしれません。

 

風水の仕事をしているのにも関わらず、モノクロでシンプルな名刺を持っていても相手にインパクトを与えることはできないはずです。

 

相手に自分のことを覚えてもらうために渡すのが名刺なので、自分の職業に合ったデザインを考えて作成する必要があります。

 

とは言え、風水師はサラリーマンのように名刺を渡す機会は非常に少ないため、絶対に作成しなければならないということはないでしょう。

 

一度訪れたお客さんが毎日風水師を頼りにするようなケースは少ないですし、実際に名刺を持ち歩いている人は皆無と言っても過言ではありません。

 

それでも、風水師になるためには知識と経験が大事で、どれだけ多くの技術を習得できたか、どれだけの件数を鑑定して改善してきたかが問われます。

 

信用がなければ依頼は一切来ないので、今まで鑑定してきた数や経歴を名刺の中に記載するのは選択肢の一つです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、表面と裏面の両方を使って名刺を作成できます。

 

好きなデザインのテンプレートを選べますし、名刺の中に記載する情報は自由なので、一度Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、どの職業に携わっている人でも、ビジネスにおいて名刺は欠かせないツールとなっております。

 

名刺交換の際の第一印象で決まるとも言われているため、デザインには細心の注意を払わなければならないのです。

 

風水の世界では色がパワーを持つと考えられており、名刺のデザインを決める上で欠かせない要素となっております。

 

例えば、赤は空を明るく照らすような「活力アップ」、緑は心と身体を癒すような「安らぎ」、青は心を落ち着かせる「強い決断力」をあらわしているのです。

 

風水の世界での考え方なので必ずしも正解というわけではありませんが、名刺のデザインを決める前に全体的な色合いを考えるのは大事かもしれません。

 

目立たせたいからといって闇雲にカラフルなデザインの名刺を作成しても見にくくなるだけですし、自分の職業やイメージに合わせて考える必要があります。

 

格調の高さを感じさせる「黒」、リフレッシュを与える「白」、明るいイメージのある「黄」など、色の特徴を活かした名刺デザインを心掛けてみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ