フリーランスの名刺デザインについて

フリーランスとして仕事をしている方も会社員と同じように、クライアントに会うことがあるので名刺は必要ですし、自分のイメージに合うデザインの名刺を用意しておかなければなりません。

 

法人と比べてフリーランスは信用という点で劣りやすく、ビジネスの場で名刺を持っていなければそれだけでマイナスポイントになってしまいます。

 

少ないチャンスを生かしていくためにはたった一つの名刺でも重要な役割を果たすと説明できるので、きちんと業者を利用して作成しなければならないのです。

 

自宅で印刷するのと比べて、印刷業者を利用すれば様々なテンプレートから選択できるということで、自分に合うデザインを見つけられます。

 

単純に名前や連絡先を伝えるために名刺を用意するのではなく、自分を覚えてもらうために交換を行うので、フリーランスの方は特にインパクトを重要視するべきです。

 

「この人と仕事をしてみたい」「この人ならば信頼できる」と思わせられるようなデザインの名刺を用意することにより、ビジネスへと発展していくのではないでしょうか。

 

ただし、奇抜すぎるデザインはクライアントへの印象が悪くなるかもしれないので、フリーランスの方は「シンプル」「スッキリ」という2点を心掛けてテンプレートを決める必要があります。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、フリーランスとして働く人にも最適なデザインの名刺を作成できるはずです。

 

フルカラー印刷で拘りのあるデザインの名刺を作成できるので、是非100枚で990円のVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、これはフリーランスの方に限った話ではないものの、名刺の中にGmailやYahooメールといったフリーメールのアドレスは刷らない方が良いと言われております。

 

確かに、これらのフリーメールは無料で高性能なので非常に便利ですし、使用している方は非常に多いかもしれません。

 

しかし、誰もが特別な手続きなく簡単に作成できますし、なりすましも十分に可能ということで、セキュリティの厳しい企業ではフリーメールの受け取りを拒否するケースがあるのです。

 

そんなフリーメールを名刺に載せていると、「仕事にやる気がないのでは」とフリーランスの方は思われる可能性があるので、できる限り自社ドメインのメールアドレスを取得する必要があります。

 

クライアントの信頼を獲得できなければ仕事を依頼してくれるはずがないですし、自社ドメインのメールアドレスは高い費用をかけなくても作成できるので、フリーメールの名刺への記載は避けてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ