エクステリア業の名刺デザイン

エクステリア業の仕事内容とは?

エクステリア業の仕事内容とは?

インテリアに興味がある人であれば、エクステリア業という職種を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

日本ではエクステリアプランナーやエクステリアデザイナーといった職種があり、女性から人気を得ていますね。

 

理想の住まいを作る設計や施工を行うのがエクステリアプランナーで、主な仕事内容を以下では幾つか挙げてみました。

 

・クライアントの要望や希望を聞きながら外壁や庭の設計や施工を行う

・「洋風」「和風」「欧風」と様々なスタイルの施工を行う

・ブロック一つ一つを緻密に組み合わせて美しい建物を演出する

 

依頼主やクライアントの要望に応える設計のセンスだけではなく、お客様への提案力や交渉力もエクステリア業には欠かせないスキルですね。

 

エクステリア業の方は建築会社や造園会社、ハウジングメーカーや設計事務所といった場所で働いています。

 

別の会社で正社員として働いて技術力やスキルを磨いた後に、独立して開業するのも選択肢の一つなのではないでしょうか。


エクステリア業の名刺デザインで押さえておきたいポイント

エクステリア業で働く人はお客様やクライアントと接する機会が多く、自分がどんなプランナーやデザイナーなのか紹介するための名刺が必要です。

 

会社へと属している方だけではなく、自分で仕事や案件を獲得しなければならない個人事業主も同じように名刺を作成しなければなりませんよ。

 

そこで、以下ではエクステリア業の名刺デザインで押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

 

・どんなデザインの名刺を作成すれば良いの?

・エクステリアプランナーに合う名刺のデザインが分からない

 

こういった疑問を抱えている方は一度チェックしておいてください。


自分のイメージに合うデザインやイラストを考える

エクステリア業の名刺を作成するに当たり、まずは自分のイメージに合うデザインやイラストを考えることから始めなければなりません。

 

例えば、公務員と美容師では名刺の中で使った方が良いデザインやイラストは異なります。

 

警察官や教師などの公務員が女性向けのデザインで名刺を作成していると、「ちょっとイメージに合わないな〜」「どんな仕事をしているのか想像できないな〜」と相手は違和感を感じてしまうのです。

 

初対面の人へと渡す名刺はパっと見た時の第一印象が大事ですので、エクステリア業の人は次のデザインやイラストを使ってみましょう。

 

・門扉やフェンスが背景に描かれているデザイン

・自分が手掛けたテラスやサンルームのデザイン

・リフォームや建築と深く関わっているようなデザイン

 

これらのデザインを使った名刺を作成していれば、相手へと良い印象を与えられます。

 

現在ではインターネット通販を利用して名刺の作成や印刷が可能で、選び方で迷っている方にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)にはエクステリア業へと勤めている方におすすめのデザインテンプレートが用意されていますので、自分のイメージに合うのかどうか公式サイトで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


自分が取得している資格の説明をする

エクステリア業の名刺は全体的なデザインだけではなく、自分が取得している資格の説明も同時に行うべきです。

 

いくらパっと見た時のデザインが良くても、名刺の中に記載されている情報に魅力がなければ意味がありません。

 

そんな時には資格の説明がおすすめで、「私は1級エクステリアプランナーを取得しています」「私は2級エクステリアプランナーの資格を持つ○○です」と紹介していれば、名前や連絡先を書くだけの名刺と比べてインパクトは大きくアップしますね。

 

他の職業と比べて資格の種類はまだまだ少ないのですが、エクステリアプランナーやエクステリアデザイナーとしての自分の魅力をしっかりと伝えられるような名刺の作成を心掛けてみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ