大工の名刺に適したデザインは?

大工の名刺に適したデザインは?

木造建造物の建築や修理を行う大工さんが名刺を持つことは不思議ではありませんし、取り引き先とお会いする機会が多いという方は凝ったデザインの名刺を用意しております。

 

自分がどのような職業に就いているのか証明するツールの一つが名刺ですし、人脈を広げていきたいという気持ちがあるのならば大工さんが名刺を作成したとしても不思議ではないのです。

 

名刺の作り方に関しては特に決まりはありませんが、大工さんであれば相手に明確に仕事内容が伝わるように建設作業と深い関係のあるイラストや写真を使ってデザインするのが良いかもしれません。

 

ロゴやイラストが名刺の余白部分にあるだけでも全体的な印象は大きく変わりますし、職種と合ったデザインであれば積極的に盛り込んだ方が良いと説明できます。

 

「この人は建設関係の仕事をしているのか」ということが名刺から見て取れれば、名刺交換の際に大きなインパクトを与えられるはずです。

 

インターネットでフリー素材を探せば、建設作業と深い関わりのあるイラストはたくさん見つかるはずですし、茶色系のデザインのテンプレートで作成すれば大工らしさを強くあらわすことができます。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、建築関係やリフォーム関係の職種の方に適したデザインのテンプレートが盛り沢山です。

 

環境産業・内装工事・大工工事・解体工事業・配管工事業・電気工事業など、更に細かくデザインの検索がVistaprint(ビスタプリント)では行えるので、自分のイメージに合うような名刺を探してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


自分の職業から連想してテンプレートを決めよう

これは大工さんに限った話ではありませんが、名刺デザインにおいて自分の職業から連想できるようなイメージのテンプレートを選ぶのは非常に大事となっております。

 

職業とは何の関係性もない名刺を用意していても、貰った側は絶対に戸惑ってしまうはずです。

 

例えば、建築作業員の男性がハートや花柄のイラストの入った名刺を持っていてもおかしいですし、「ふざけているのではないか?」と思われても仕方ありません。

 

シンプルな名刺であればどの職業の方が持っていたとしても違和感はありませんが、女性が使うようなデザインでは確実に渡された相手は戸惑ってしまいます。

 

職業から連想できるイメージや色は何かしらあるはずなので、名刺デザインの際はそのイメージを崩さないように作成していくことが最も大事なのです。

 

大工さん専用の名刺を取り扱っているような業者はありませんが、上記でご紹介したVistaprint(ビスタプリント)では豊富なテンプレートが取り入れられているので、お気に入りのデザインが見つかるのではないでしょうか。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ