弁護士におすすめの名刺デザインは?

弁護士におすすめの名刺デザインは?

弁護士に限った話ではありませんが、ビジネスで依頼者の信頼を獲得するには名刺のデザインにも気を配る必要があります。

 

依頼者に名刺を渡して自分を紹介するのが普通ですが、そのデザインによって相手が受けるイメージは大きく異なるのが特徴ですね。

 

例えば、お堅い職業の代表格とも言える偉大な弁護士さんがこんなデザインの名刺を使っていたらあなたはどう思いますか?

 

・レインボーやカラフルなデザインで仕上げている

・弁護士に全く関係のないイラストを使っている

・弁護士に似合わないポップ体の書体で名前を書いている

 

「本当にこの人に債務整理の案件を依頼しても大丈夫なの?」と不安を抱くのが普通です。

 

「弁護士の方には○○○のようなデザインの名刺が適している」というような明確な決まりはありません。

 

それでも、信頼を獲得するのが最重要なポイントということで、派手なデザインの名刺よりもモノクロでシンプルでありながら誠実さが伝わるような名刺が適していますよ。

 

余白部分が大きすぎて殺風景な印象になってしまうのであれば、空いたスペースにオリジナルロゴを入れてイメージアップを図るべきです。

 

デザイナーの方に頼んでオリジナルロゴを作成してもらったとしてもそこまで高い費用はかかりませんし、名刺の印象を良くすることは非常に大事なので痛い出費とは言えないでしょう。

 

弁護士の名刺作成の方法に決まりはないものの、一番上に「○○○○事務所」と記載し、その次に「代表・弁護士△△□□」とフォントサイズを大きくして表示し、下の空いているスペースに電話番号や住所を入力します。。

 

・事務所の電話番号や住所が名刺の中に入っていなければ依頼者は気軽にアクセスできない

・オリジナルのロゴがなければインパクトを与えて自分の法律事務所をアピールできない

・シンプルなデザインで名刺全体を仕上げないと信頼感を与えられない

 

こういった特徴がありますので、お客様から信頼されるのが最も大事な職業だからこそ、弁護士は名刺の作成にも細心の気を配った方が良いのはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

名刺をネット注文できるVistaprint(ビスタプリント)では、弁護士の方に適したデザインのテンプレートが数多く用意されていますのでオリジナル名刺を作成できます。

 

今売れ筋のシンプル名刺も数多く取り扱っていますので、オンライン上で自由に編集できるVistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


弁護士の名刺の作成で把握しておきたいポイント

弁護士の名刺を作成するに当たり、見た目のデザイン以外にも把握しておきたいポイントがあります。名刺で第一印象を良くできるのかどうかはデザインと内容の両方で決まりますので、作り始める前にきちんとチェックしておきましょう。

 

・依頼主の立場に立ってどんな情報が必要となるのか考える

・連絡先に加えて法律事務所の公式サイトのURLを載せる

・自分がどんな弁護士なのかキャッチフレーズやキャッチコピーでアピールする

 

ただ名前や職業だけを記載している名刺に魅力はないので、どうすればインパクトを強められるのか良く考えてみてください。


スピード名刺印刷.jpも弁護士の名刺におすすめのサービス!

名刺通販専門サービスの「スピード名刺印刷.jp」でも士業系名刺の作成と印刷が行われており、弁護士や行政書士、会計士や税理士といった職業の方にピッタリのデザインを見つけられるはずです。

 

幾つものデザインの中から自分に合ったテンプレートを選択し、信頼を獲得できるような名刺を作成していくことができます。

 

基本的に「スピード名刺印刷.jp」では翌日以降の出荷予定となっているものの、午後12時までに注文を行い午後3時までに校正が完了すれば当日出荷にも対応してくれるので、お急ぎの方にも適した業者かもしれません。

 

また、実際に名刺を作成する前に、弁護士や税理士といった職業の方は、『ここで差がつく! 仕事を呼び込む名刺・プロフィールの作り方』という本を読んでみるべきです。

 

名刺やプロフィールの正しい作り方を把握し、仕事を呼び込めるようになるはずなので、Amazonで購入して一度読んでみてください。


「職業別の名刺デザイン」に関するページ