名刺の作成と役職について

名刺を作成するに当たり、重要な情報が一目で分かるようにデザインしなければなりません。

 

自分がどの会社に属していてどのような権限を持っているのか的確に表現してくれるツールが名刺で、記載する情報をきちんとまとめておく必要があります。

 

名前や連絡先を記載しない人はいないはずですが、役職を表記していないケースは意外と多いのではないでしょうか。

 

もちろん、フリーランスや個人事業主ならば役職名は特にないかもしれないので、無理に設定する必要はないのです。

 

しかし、会社に属しているのならば個人に応じて役職が設定されており、正確に名刺の中に記載して作成します。

 

以下では、名刺の中で使われる頻度の多い役職を表記しているので、一度確認しておいてください。

取締役会長:組織の代表で責任者

代表取締役:株式会社の代表権を持っている人

執行役員:取締役の下に位置する人間

部長:企業内の課やグループをまとめる

課長:企業の組織の中堅幹部

係長:小さい単位での係を管理する人

覚えのない役職で水増しの疑惑があると相手はあなたに対して疑念を抱くかもしれません。

 

その結果、商談が上手くいかなかったとビジネスに悪影響が出るかもしれないので、名刺を作成する前に役職名の確認は欠かさずに行っておくべきです。

 

名刺の中に表記する情報に加えて、デザインに気を配るのも大事なので豊富なテンプレートが用意されているVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺を作成するに当たり、役職名だけではなく肩書きも表記した方が良いかもしれません。

 

特に、役職が設定されていないフリーランスや個人事業主は、自分を上手くアピールできるような肩書きで勝負するべきです。

 

役職名と肩書きは微妙に意味が異なり、肩書きは部長や課長といった役職名とは違ってあくまでも自分が何者なのかあらわすブランドネームのことを指します。

 

「レバレッジの本田直之さん」「週末起業の藤井孝一さん」「プチリタの石井貴士さん」などが良い代表例で、独自に目立つような肩書きを設定しているのです。

 

肩書きを名刺の中に入れていれば交換した際に、「お、この人は○○○に強いのか〜」と相手に分かりやすく伝えることができます。

 

自分の得意な分野が不明ならばビジネスには繋がりにくいため、どのようにアピールすれば良いのか名刺を作る前にゆっくりと考えてみてください。


「名刺作成のコツ」に関するページ