縦書きの名刺デザインについて

現在の名刺デザインは圧倒的に横のレイアウトが多くなっており、全体の90%以上を占めているので縦書きの名刺を使っている方は非常に少ないと説明できます。

 

一昔前は縦書きの名刺を使用している方が多かったのですが、インターネットが発達してHPを用意する会社が増えたことで横長の名刺が取り入れられるようになったのです。

 

現在では日本語ドメインが流行っているものの、全体的にはアルファベットのアドレスを使用している企業が多く、縦書きよりも横レイアウトの方が圧倒的に見やすくなっております。

 

縦書きでホームページのアドレスを記載していては見にくいですし、受け取る側も違和感が残ってしまうので、横のレイアウトの名刺デザインを考えるのが無難かもしれません。

 

また、名刺の中に記載する内容は多ければ多いほど効果が上がるという単純なものではなく、小さなスペースに限られた情報を見やすくプレゼンテーションしていく必要があります。

 

ゴチャゴチャと文字を詰めていても相手は読みにくくなるだけですし、逆に悪い印象を与えることになるので十分に注意しなければならないのです。

 

その文字の配置を行う上で、横書きはデザインに幅を持たせることができるものの、縦書きの場合は配置に幅がないので記載する情報が限られてしまいます。

 

名刺の中には、「名前」「住所」「メールアドレス」「会社名」「所属部署」「肩書き」「FAX番号」といった情報を記載し、横レイアウトであれば右寄せや左寄せ、真ん中寄せなどバランスを考慮することができるはずです。

 

文字の大きさやフォントを変えれば見やすい名刺を作れますし、貰った側も良い気分になることは間違いないでしょう。

 

その点、縦書きの名刺はデザイン性に乏しく、頭を揃えて一段落としを行い、内容の強弱に関しては文字の大きさを変えるという処置しか施せないのです。

 

メリハリが付け難くなれば相手に大きなインパクトを残すことはできませんし、上記のようなメリットが横書きの名刺デザインにはあるので、縦書きはあまり頻繁に採用されていないのかもしれません。

 

それでも、絶対に横レイアウトの名刺デザインにしなければならないという決まりはありませんし、着物を取り扱っている老舗の会社が今風のデザインを採用しようと無理をする必要はないのです。

 

個性をアピールするという点では縦書きの名刺デザインも少なからずメリットはあるので、どちらのタイプが自分に合っているのか考えてVistaprint(ビスタプリント)を利用して作成してみましょう。

 

名刺印刷業者のVistaprint(ビスタプリント)では横書きの名刺も縦書きの名刺も取り扱っており、デザインだけであれば無料でオンライン上で試せるので是非利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺作成のコツ」に関するページ