正方形の名刺デザインについて

一般的な名刺デザインは91mm×55mmの長方形となっておりますが、正方形の名刺を作成したいという方のために55mm×55mmのサイズを用意している業者も存在します。

 

名刺デザインは何も長方形でなければならないという決まりは特にありませんし、インパクトを与えるという意味では正方形の名刺を作っても問題はないのです。

 

正方形のサイズというだけでも相手にインパクトを与えることができますし、自分を覚えてもらうための手段の一つだと説明できます。

 

あまりにも奇抜な形の名刺をビジネスで使用するのは難しいかもしれないものの、正方形の名刺を使ってはいけないわけではありません。

 

しかし、通常の業者では正方形のサイズの名刺を取り扱っていない可能性が高く、印刷してもらう業者の選び方は非常に重要です。

 

正方形の名刺デザインを取り扱っている名刺印刷業者としては、「Graphia(グラフィア)」や「デザイン名刺.com」といったところが挙げられます。

 

特に、「Graphia(グラフィア)」では片面の正方形の名刺デザインだけではなく、両面フルカラーや両面モノクロも取り扱っているのでお好みの名刺を作成できるはずです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでは正方形の名刺デザインを取り扱っているという表記はないものの、利用者のことを一番に考えている業者なので、個人の好みに合わせて対応してくれるのではないでしょうか。

 

何と言っても、100枚のプレミアム名刺が990円とどの業者と比べても格安の料金設定となっているので、Vistaprint(ビスタプリント)でオリジナルの名刺を作ってみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、正方形の名刺デザインを作るメリットとしてはインパクトを与えられるということが挙げられ、周りのライバルと差を付けることができます。

 

ビジネスでは長方形の名刺を使用するのが一般的となっているため、正方形の名刺を使っている人はほとんどいないのです。

 

デザインを印象的にすることによって相手に自分のことを覚えてもらうことができますし、些細なことからビジネスへと発展するケースは多いかもしれません。

 

現在では数少ないチャンスをものにした人が勝てるので、作ってみる価値は大いにあります。

 

ただし、正方形の名刺デザインは今まで使用していた名刺入れにおさまらない可能性がありますし、会社によっては使用が禁止されているかもしれないので、個人の判断で勝手に作成しないように注意しましょう。


「名刺作成のコツ」に関するページ