参考になる名刺デザインについて

どのような名刺デザインが参考になるのか、疑問を抱えているという方はいらっしゃいます。

 

確かに、「周りの人間と差を付けたい」「インパクトのある名刺を作成したい」ということで、奇抜なデザインを考えるのは不思議ではないのです。

 

自宅でパソコンとプリンタを使用して名刺を作っていてもデザインには限界がありますし、シンプルな名刺しか作成できない可能性があります。

 

そのため、相手に強い印象を残すような名刺を作成したいのであれば、色々なデザインを取り入れている業者を参考にした方が良いかもしれません。

 

日本ではなく海外のサイトではインスピレーション向上用の名刺デザインを取り扱っており、「Creattica」や「Card Nerd」、「Cardview」といったサイトはWebデザインの参考になります。

 

どのサイトでもクリエイティブな名刺が紹介されておりますし、これらのデザインを参考にして自分だけの名刺を作ってみるのは選択肢の一つというわけです。

 

奇抜なデザインでありながらシンプルさも兼ね備えた名刺は特に人気を得ており、実際にビジネスマンでも使用しているという方はいらっしゃいます。

 

名刺の作成において厳密な規定は特になされていないので、個人事業主やフリーランスの方はサイトを参考にしてオリジナルの名刺を作成してみるべきです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、残念ながら奇抜なデザインの名刺は取り扱っておりません。

 

それでも、豊富なテンプレートの中から名刺を作成できますし、人気名刺のスタイル別で検索できるので参考になるはずです。

 

個人事業主の方もサラリーマンの方も、Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、営業の機会が少ない個人事業主の方でも、名刺を持つことは自分をオフラインの世界で宣伝する良い方法なので、万が一のために作っておいた方が良いのです。

 

名刺の標準のサイズは55mm×91mmというサイズになっておりますが、必ずしも従わなければならないというわけではなく、正方形やもっと大きな名刺を業者に依頼することはできます。

 

それに、オプションとして角丸加工や光沢加工といったコーティングを行うのも選択肢の一つで、どのような仕上がりになるのかインターネットで画像を調べてみれば参考になるはずです。

 

とは言え、デザインだけを重要視するのではなく、名刺の中に記載する情報も大事ということで、どのような内容にするのか事前に考えておいた方が良いかもしれません。

 

裏面を利用して自分のモットーを相手に伝えていくのか、「シンプル・イズ・ベスト」の精神で必要最低限の情報しか載せないのかゆっくりと考えてみてください。


「名刺作成のコツ」に関するページ