名刺作成と両面について

一般的な名刺のデザインは片面のみとなっておりますが、両面を使って名刺を作成するという方もいらっしゃいます。

 

表面には名前や電話番号など絶対に欠かせない情報を載せ、裏面に細かく記載したい情報を載せれば両面の名刺が完成です。

 

片面だけにゴチャゴチャと文字を羅列していると見にくい名刺になってしまう可能性が高いので、両面の名刺を作成するのは一つの手段かもしれません。

 

情報量に焦点を当てるのであれば片面よりも両面の方が圧倒的に優れておりますし、どのような情報を載せたいのかあらかじめ整理をしてから作成に取り掛かるのがベストです。

 

居酒屋のステッカーなどは片面に営業時間や代表的なメニューを載せ、裏面に店舗までの詳しい地図を載せることが多くなっております。

 

ビジネスとして使用する名刺もこのような活用は十分にできますし、予算に余裕があるのならば両面の名刺を作成するべきです。

 

名刺作成業者によって異なるので一概には説明できないものの、基本的に片面印刷よりも両面印刷の方が高いと心得ておいて間違いはないでしょう。

 

両面をカラー印刷するのであればもっと高い費用がかかりますし、1枚当たりのコストは確実に増すので使用頻度に合わせて選択するべきです。

 

詳しい内容については公式サイトでは記載されていないものの、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)はサポート体制が優れており、依頼すれば両面の名刺も作成できると思います。

 

幅広いお客様のニーズに応えられるように努力を行っている名刺作成業者の一つですし、デザインのラインナップは豊富なので是非Vistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、名刺の中に載せる情報量がそこまで多くないのであれば、両面に拘らなくても片面の名刺で十分だと説明できます。

 

片面でおさまる範囲の情報量なのにも関わらず、無理に両面の名刺を作成しようとするとデザインがスカスカになって逆に悪い印象を与える結果となってしまうのです。

 

シンプル過ぎる名刺が良いとは限らないので、最初に名刺に載せるべき情報を自分で整理し、その後に片面印刷にするのか両面印刷にするのか選択するのが良いかもしれません。

 

このサイトではご紹介していないものの、はたらく人のネット印刷である「ラクスル」では、確実に両面印刷が取り入れられております。

 

通常の片面印刷の名刺よりもコストはかかってしまいますが、特徴的な名刺を作成したいのであれば、「ラクスル」を利用してみましょう。


「名刺作成のコツ」に関するページ