名刺作成とQRコードについて

名刺を作成するに当たって、TwitterやFacebookのアカウント、またはホームページのURLを記載したいと考えている方はいらっしゃるはずです。

 

そのような方は、名刺の中にQRコード(クイックレスポンスコード)を載せることが可能で、黒と白の点々を見かけたことのある方がほとんどなのではないでしょうか。

 

複数のセルで構成されたQRコードは携帯電話で気軽に読み取ることが可能となっており、バーコードと比べて数十倍から数百倍の情報量を持っているという特徴があります。

 

もし、名刺を作成する際に余白の部分にQRコードを載せておけば、電話番号やメールアドレスなどをゴチャゴチャと記載しなくても相手の携帯電話で登録させられるのです。

 

QRコードが一つあるだけで非常にシンプルな名刺が作れますし、TwitterやFacebookをやっている人は多いということで非常に便利だと説明できます。

 

ただし、たくさんの情報を載せられるのがメリットですが、あまりにもQRコードの中に情報を詰め込みすぎるとセルのサイズが小さくなり、読み取りにくくなるかもしれないので注意しなければなりません。

 

もし、QRコードの作成ができたのであれば、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)を利用してオリジナルの名刺を印刷してもらうことができます。

 

インターネット上でデザインを決める際に、ファイルからアップロードしてQRコードをお好みの場所に貼り付けるだけなので、実際に公式サイトへとアクセスして作ってみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、このページでは名刺の中に組み込むQRコードの作成方法を簡単にご紹介していきたいと思います。

 

その流れは、「QR制作サービスやアプリなどで作る」→「フォトショップを使ってグレースケールに変換する」→「画像形式や解像度を適したものに変更する」→「データに貼り付ける」という感じなので非常に簡単です。

 

インターネットの検索機能を利用し、「QRコード」と入力すれば作成できるサービスが幾つもありますし、必要な情報を入力してからダウンロードする形式となっております。

 

どのサービスでも基本的に無料でQRコードの作成ができるので、オリジナルの名刺を作る際に役立てられるはずです。

 

数ある制作サイトの中でも「QRのススメ」が最もおすすめで、無料で作成できるだけではなく、SSL対応なのでプライバシーも安心なのではないでしょうか。

 

URLや電話番号といった内容は自動的にリンクが設定されてスマートフォンを利用してアクセスできるようになりますし、任意の文章を組み込むこともできるので実際に「QRのススメ」を利用して作成してみてください。


「名刺作成のコツ」に関するページ