名刺作成と顔写真について

自分の顔写真入りの名刺を作成するのも一つの手段で、実際にビジネスで使用しているという方はいらっしゃいます。

 

「免許証じゃないんだから名刺に顔写真を載せるのはおかしい」と考えている方は少なくありません。

 

しかし、顔写真があれば名前や電話番号だけの名刺よりも相手に印象を残すことができますし、自分を覚えてもらうには必須だと説明できます。

 

顔写真入りの名刺はビジネスマンにとって抜群のアピールアイテムだと言われており、初対面のお客様であれば安心感を与えることができるのです。

 

一般的には免許証と同じように左側に自分の顔写真を掲載し、右側の余白部分に名前や会社名、部署名といった必要事項を入力して作成していく形となっております。

 

ただし、顔写真を名刺に載せれば絶対に印象を良くできるわけではないですし、どのような顔写真を使用するのかしっかりと選定しなければならないのです。

 

デジカメで撮影したような顔写真を載せている方はいらっしゃいますが、ぼやけて表情が分かりづらければ全く意味はないでしょう。

 

イメージアップを図るどころか、逆にイメージダウンに繋がるかもしれないので、プロカメラマンによる写真撮影サービスを利用し、名刺を作成していく必要があります。

 

免許証のように顔だけを写すのではなく、相手にどのような自分の印象を与えたいのか考えて、「背景」「ポージング」「表情」の3点を重視するべきです。

 

営業ツールとして顔写真入りの名刺を作成する場合は、名前と顔が一致し、更に対面した時の楽しい会話が蘇るような印象の写真を掲載しなければなりません。

 

自撮り写真はセルフイメージが強すぎて自分本来の良さを引き出せない可能性が高いため、プロのカメラマンに撮影してもらうとともに、ポージングや表情のアドバイスを的確にしてくれるコンサルタントの助けを借りるのも選択肢の一つとなっております。

 

このような点に注意して顔写真を選定し、名刺に載せていれば印象をアップさせることは十分に可能ですし、人間は視覚からの情報が全体の70%を占めていると言われているので顔写真入りの名刺作成は実に効果が高いのです。

 

また、今のイメージと異なるような顔写真を掲載しても意味がないので、1年間に1回程度は新しいものと取り替えた方が良いでしょう。

 

相手の役職が変わっていたり全く違う仕事に就いていたりするケースも多く、新しい名刺を用意すれば名刺交換の場を設けられ、営業チャンスを広げることができるのです。

 

当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)でも顔写真入りの名刺の作成は可能で、会社のロゴマークを組み込むこともできます。

 

名刺に掲載する写真が決まったらVistaprint(ビスタプリント)にアクセスし、オリジナルの名刺を作って印刷してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺作成のコツ」に関するページ