名刺デザインの重要性と意識したいポイント

名刺デザインの重要性をまとめてみた

名刺デザインの重要性をまとめてみた

名刺を作成するに当たり、全体的なデザインの重要度が高いことをきちんと押さえておかなければなりません。

 

サラリーマンの中で、「名刺は名前や連絡先などの情報が入っていれば良い」と考えている方はいます。

 

しかし、名刺デザインの重要性は非常に高く、その理由を簡単にまとめてみました。

 

・パっと見た時の第一印象を決める要素となりやすい

・名刺はビジネスでもプライベートでも自分の分身を渡す形となる

・秀逸なデザインで名刺を作成していれば相手の記憶に残りやすい

・相手の記憶に残ればこれからビジネスの関係に進展しやすい

・グラフィックデザイナーなどの芸術系の仕事であれば自分の腕やスキルをプレゼンテーションできる

 

「モノクロで文字だけの名刺をビジネスで作成してもあまり意味はない」と一概に決め付けることはできません。

 

しかし、相手の印象に残らなければ名刺交換をしている意味がないので、全体的なデザインの重要性は非常に高いわけですね。

 

社交辞令として名刺を渡すケースは仕事ではありますが、中には自分が親しくしたい相手や仲良くしたい相手に渡すこともあります。

 

そんな時にありきたりなデザインで名刺を作成していてもインパクトを残すことができないため、中に記載する情報だけではなくパっと見た時のデザインやテンプレートに拘った方が良い理由はお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

名刺における視覚伝達要素は皆さんが考えている以上に大きいので、これから作成しようと考えている方は少し気を配ってみてください。


名刺のデザインで意識したいポイントはこれだ!

名刺デザインの重要性が分かっても、いざ作成しようとして戸惑ってしまう方は少なくありません。

 

「○○は正解で△△は不正解」と明確に決められているわけではないので、どう仕上げれば良いのか難しいですよね。

 

そこで、このページでは名刺のデザインで意識したいポイントをご紹介していますので、一度目を通しておきましょう。


文字のフォントや大きさ、色などを意識する

名刺を作成するに当たり、文字情報だけではなく文字のフォントや大きさ、色などを意識しなければなりません。

 

一般的には黒で仕上げるのが基本ですが、デザイナーさんやクリエイターさんなど自分の腕をアピールしたい時は少し奇抜なデザインにするのは選択肢の一つですよ。

 

以下では文字のデザインを施す上で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

 

・「明朝体は大人っぽい印象を与える」「ゴシック体は親切な感じになる」とフォント別のイメージや印象を把握する

・「名前は文字サイズを大きくする」「メールアドレスは文字サイズを小さくする」と全体的なバランスを考慮して配置する

・名前や社名だけ色やカラーを変えるのは選択肢の一つで、自分の職業やイメージに合わせて何色にするのか決める

・何か強調したい文字情報がある際は太くして目立たせてみる

 

たったこれだけの工夫でも、相手が名刺を受け取った時の印象はかなり違います。

 

もちろん、単純に派手にすれば良いわけではありませんし、見た目のイメージが良くても中に記載されている情報が平凡だと相手の心には突き刺さらないので、必要に応じてキャッチフレーズやキャッチコピーなどを加えてみてください。


専門の印刷会社やサービスでテンプレートを選ぶ

「名刺デザインの重要性=テンプレートの選び方が大事」と考えることができます。

 

Illustrator(イラストレーター)などの画像編集ソフトを使いこなせない方は、無理に自作するのではなくプロの印刷会社に名刺の作成と印刷の両方をお願いする方法がおすすめですね。

 

そこで、豊富な選択肢の中からデザインテンプレートを選びたいと考えている方は、5,000種類以上から選択できるVistaprint(ビスタプリント)に依頼してみましょう。

 

他の印刷会社やサービスではせいぜい数百種類くらいのデザインしかありませんが、Vistaprint(ビスタプリント)は5,000種類以上と業界トップクラスなのが特徴です。

 

他にも名刺1枚当たりの料金が安かったり、特殊な加工オプションが取り入れられていたりと魅力的な点はたくさんあります。

 

ビジネスや趣味で活躍する名刺に仕上げるためにも、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで自分に合うデザインテンプレートを探してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


会社のロゴを余白部分に挿入する

名刺のデザインに何かインパクトを加えたいのであれば、会社のロゴを余白部分に挿入しましょう。

 

会社の顔とも言えるロゴはお客様を自社に導く視覚的な道具で、会社が持つ本質的な強みや特徴をしっかりとアピールできます。

 

以下ではロゴ入り名刺を作成するに当たって押さえておきたいデザインの方法をまとめてみました。

 

・目立たせるためになるべく大きめのロゴを挿入する

・名刺の右上や左上に配置する(レイアウトに気を配る)

・ロゴにカラーがある場合は全体的なデザインを暗くする

 

視覚的な情報として一番に目立たせたい部分ですので、全体的なデザインを暗くしてロゴのインパクトを強くするのは効果的ですね。

 

フリーランスや個人事業主でロゴマークを持っていない方は、自分の職業と関連する画像やイラストを加えてみてください。


四辺の余白を増やしてみる

「名刺を渡した人に自分のことを知ってもらいたい」ということで、表面に文字情報を詰め込み過ぎている方はいます。

 

しかし、文字を小さくしてギュウギュウに詰め込むと見にくくなりますので、逆に印象が悪くなりますよ。

 

「余白を制するものは名刺のデザインを制す」と言われているため、次の点を意識して全体的なデザインを仕上げましょう。

 

・四辺の余白を増やして版面率をコントロールする

・目立たせたい文字情報の周りを中心に余白を設ける

・右揃えや左揃えなど文字をなるべく揃える

 

レイアウトのやり方がイマイチ分からないという方は、印刷会社に在籍しているプロに相談してみてください。


「名刺作成のコツ」に関するページ