名刺作成のアイデアについて

アイデアとユーモアで勝負し、名刺を作成するのは一つの選択肢となっております。

 

ビジネスマンの方でシンプルな名刺を作成している方はいらっしゃるものの、代わり映えしないような名刺であれば自分の印象を相手に植え付けることはできないのです。

 

名刺交換する人全てに自分のことを覚えてもらうためにも、アイデアを駆使して名刺を作成すれば、些細な出会いからビジネスへと発展することがあるかもしれません。

 

とは言え、あまりにも奇抜すぎるアイデアはビジネスマンとして不適切だと思われる可能性があるので、やり過ぎには十分に注意が必要となります。

 

奇抜なアイデアで相手の注目を集めたとしても、「ふざけているな」「仕事を馬鹿にしているな」と思われたら意味がないのです。

 

そのため、名刺の作成においてアイデアとユーモアを武器にしたいのであれば、ビジネス用ではなくプライベート用の名刺を作る際に取り入れた方が良いのではないでしょうか。

 

婚活で使用する名刺であればそこまで堅くならなくても良いですし、ちょっとした遊び心のスパイスを効かせれば相手に良い印象を与えることができます。

 

このページでは、名刺を作成する際にどのようなアイデアを取り入れれば良いのか幾つかご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

 

  • 最強にシンプルな名刺・・・・Google検索ウィンドウの中に自分の名前だけを記載する。
  • パソコン風の名刺・・・・ノートパソコンのように折りたたみできる。
  • 可愛らしさを意識した名刺・・・・布の上に名刺を貼り付ける。
  • 手裏剣風の名刺・・・・手裏剣のような形をした紙に自分の情報を記載する。
  • 組み立て式の名刺・・・・部品を組み合わせることによって立体感を演出できる。
  • トランプ風の名刺・・・・裏面にトランプの柄を記載して表面に自分の情報を載せる。
  • iPhone風の名刺・・・・iPhoneの待ち受け画面の画像をそのまま名刺の表面に載せる。

 

上記のような奇抜なアイデアの名刺はビジネスの世界で使われることは少ないものの、相手にインパクトを与えることができます。

 

それが良い結果に働こうが悪い結果に働こうが、自分を覚えてもらうことには繋がるのでオリジナルのアイデアに沿った名刺を作成するのは一つの手段なのです。

 

相手の心に響かないような名刺であれば作っても意味がないとも言われているため、独創的な名刺を作成してみるのは良いかもしれません。

 

このサイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)では、奇抜なデザインの名刺を作成するのは難しいですし、基本的に自宅でプリンタを用いることになります。

 

しかし、幾つものデザインの中から名刺を選べますし、完全データを入稿して印刷してもらうこともできるため、どのような名刺を作成できるのかVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトにアクセスしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺作成のコツ」に関するページ