名刺デザインの選び方について

名刺デザインの選び方が分からないということで、悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

 

確かに、名刺は自分の印象を決める重要な要素の一つということで、デザインの選び方で迷ってしまうのは仕方ありません。

 

名刺デザインの選び方に一定の基準があるわけではありませんが、原則的には企業のイメージカラーであるコーポレートカラーを選択するべきです。

 

会社のロゴマークが青色であれば、その色のデザインに合わせるのが基本ですし、同じ色のデザインの名刺を使用して違和感を抱かれることは絶対にないでしょう。

 

コンビニのローソンは青色ですし、ダイエーはオレンジ色というように会社名を聞けば何となくコーポレートカラーを想像することができます。

 

その色に合わせたデザインの名刺を作成することで、更に印象をアップさせられるのは間違いないのです。

 

個人事業主やフリーランスの方で、特にロゴマークが存在せずコーポレートカラーがないのであれば、サービスや事業に合った色を選択するのが適しております。

 

名刺デザインの選び方が決まっていないとしても、何となく事業の雰囲気と似た感じの名刺を作ることが大事なのです。

 

それでも自分の事業とピッタリの色が分からない場合は、色の持つイメージを利用するのがベストで、色から受ける一般的なイメージは以下のようになっております。

 

  • 赤・・・・「情熱的」「興奮」「元気」「活力」
  • 青・・・・「冷静」「知性」「スポーティー」「爽やか」
  • 黄・・・・「希望」「無邪気」「生命力」
  • 緑・・・・「自然」「癒し」「安心」「安らぎ」
  • ピンク・・・・「優しい」「少女」「甘い」
  • 黒・・・・「暗い」「失望」「重い」
  • 紫・・・・「優雅」「高貴」「気品」「神秘」
  • 白・・・・「純粋」「清潔」
  • オレンジ・・・・「健康的」「優しい」「温かい」「カジュアル」

 

IT関連ソフトを取り扱っているのであれば青のデザインが良いですし、健康食品を取り扱っている事業であれば自然を意味する緑のデザインが適しております。

 

このように、業種や事業によってイメージに合う色は必ずあるはずなので、そのコーポレートカラーを重要視した名刺デザインの選び方をすれば最高の名刺が出来上がるはずです。

 

また、名刺入れの選び方も重要なポイントの一つとなっており、ビジネスマンであればプラスチックのケースやアルミの名刺入れといったグッズは使わない方が良いでしょう。

 

ビジネスで名刺交換をする際に、相手がどのような名刺入れを使っているのかさり気なく目に入るはずなので、仕事内容に直結しないとしても多少の気配りは行った方が良いのです。

 

もちろん、ブランド物であれば良いというわけではないため、清潔感をかもし出すためにシンプルで高級感のある革製品を購入してみてください。

 

 

>>>Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成したい方はコチラ


「名刺作成のコツ」に関するページ