名刺デザインとメールアドレス

名刺デザインとメールアドレスについて

名刺デザインを決める上で、「メールアドレスの表記は必要なの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

インターネットが普及したての頃はメールアドレスを名刺の中に記載しているだけで、「この会社は進んでいるな」と思われる傾向がありました。

 

しかし、現在ではビジネスにおいてインターネットを使用するのは常識ですし、電話番号やFAX番号と全く同じくらい重要なので、記載していなければそれだけでマイナス評価に値すると心得ておくべきです。

 

個人事業主やフリーランスの方で名刺にメールアドレスが表記されていなければ、「この人はやる気がない」と思われてしまうので注意が必要となります。

 

とは言え、自分のEメールアドレスを名刺デザインの中に表記すると、スパムメールが山のように届いてアドレス変更をしなければならないということで嫌がる方は多いかもしれません。

 

そこで、Yahooやhotmailといった無料で取得できるメールアドレスを名刺に表記している方がいらっしゃいますが、「本当にビジネスをこの人はやっているのか」という疑問が湧き上がります。

 

フリーメールでは間違いなく第一印象が悪くなる可能性が高いですし、プロバイダードメインもマイナスイメージに繋がるため、自社ドメインのアドレスを取得するのがベストです。

 

以前は自社ドメインを持つだけでも大きな費用がかかってしまったものの、現在では時代が変わり格安の料金で取得できるようになりました。

 

ビジネスをしていく上で信用を得ることは最も大事ですし、名刺デザイン一つで変わるというケースも少なくないため、個人事業主やフリーランスであれば尚更自社ドメインを持つ必要があります。

 

自社ドメイン以外は代用品と同じだと心得ておいた方が良いのではないでしょうか。

 

自社ドメインのメールアドレスを持つことは正装でお客様へと訪問することと一緒なのでフォーマルなのですが、プロバイダードメインのメールアドレスを名刺に記載していた場合はカジュアルなノーネクタイで訪問することになります。

 

そして、最も最悪な印象を与えるのがフリーメールのアドレスで、サンダルを履いて訪問するようなラフなイメージを植えつけてしまうため、失礼に値するというわけです。

 

ビジネスで使用するような重要なメールをフリーメールのアドレスに送ってくれるかどうか如何わしいので、多少のコストはかかったとしても自社ドメインを用意するようにしてください。

 

 

>>>Vistaprint(ビスタプリント)で名刺を作成したい方はコチラ


「名刺作成のコツ」に関するページ