名刺デザインのコンセプトについて

名刺のデザインにはコンセプトが大事で、会社に属しているのであればその会社の、個人事業主であれば自分の事業のコンセプトに沿ってデザインを決める必要があります。

 

人間は第一印象が重要だと言われており、パっと見の印象は馬鹿にできないですし、「人間は内面が大事」と思っていても第一印象である程度は決まってしまうのは紛れもない事実です。

 

その第一印象を左右する要素の一つが名刺なので、初対面の人と名刺交換を行って良い印象を植え付けるためにも、デザインは慎重に選択しなければなりません。

 

名刺のデザインはコンセプトによって決まると言っても過言ではなく、癒しや地球環境に携わるような仕事をしているのであれば緑系のデザインが適しております。

 

お客様に安心と信頼を与えたいセールス会社であれば、青色や水色の落ち着いた雰囲気を出すデザインが最適です。

 

何となく名刺を作成していても具体的な方向性は絶対に見えてきませんし、「相手にどのような印象を与えたいのか」「どんな自分を演出したいのか」といったコンセプトを重要視しましょう。

 

「ビジネスに繋げたい」「人脈を広げたい」という目的で名刺を渡すのであれば、自ずとデザインのコンセプトは思い浮かぶはずです。

 

その思い浮かんだデザインがなければ名刺を作成できないので、テンプレートの数が豊富なVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

 

名刺を印刷している業者の中でもVistaprint(ビスタプリント)は有名となっており、ビジネス名刺の作成に最適なので100枚990円のキャンペーンを行っているうちに利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、よりクオリティの高い名刺を作成するためにもデザインのコンセプトを決めた後は、名刺を渡すターゲットを絞るべきです。

 

「メインのお客様に配るのか」「人脈を広げる層に配るのか」といったように、個人によってターゲットは大きく異なります。

 

名刺はある一定の人に配るわけではなく幅広く配るため、これといったターゲットを決められないこともあるかもしれません。

 

しかし、自分が名刺を渡したい人を想像し、その人に自分を覚えてもらうように作ることを心掛けていればクオリティは確実に増しますし、デザインの選定も捗ります。

 

以上のように、「名刺はただ相手に渡すツール」と考えていた方でも、このページを読むことによってコンセプトを定めてデザインを決めなければならないことがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

もちろん、文字の配置やレイアウトといった見た目の美しさや、名刺の中に記載する情報も侮ってはいけないので、焦らずに時間をかけて作っていくようにしてください。


「名刺作成のコツ」に関するページ