名刺作成のコツについて

名刺を作成する際にどのような項目を記載するのか考えるのが大きなコツで、デザインの選定と同じくらい重要な要素となっております。

 

自分で作成する名刺は文章やデザインを自由に決められますし、業者に依頼する場合もお好きなテンプレートの中から選択し、記載する内容を変えられるのです。

 

名刺は自己アピールする際に必要ですし、自分の印象を決める大事な存在ということで、作成のコツをしっかりと掴んでおかなければなりません。

 

そこで、コンセプトを明確にすることから始めなければならず、「ビジネスで使用するのか」「友達を増やすために作成するのか」「婚活するために作成するのか」という目的によって名刺に記載する情報は異なります。

 

目的が決まれば名刺を渡すターゲットも同時に決まるはずなので、自作にしても業者に依頼するにしても名刺の作成がスムーズに進むのです。

 

とりあえず名刺の中に記載できる情報を全て洗い出してみるのがコツで、その目安としては以下となっております。

 

  • 自分の名前
  • 会社名
  • 住所
  • 部署名
  • 役職名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • FAX番号
  • ホームページのURL
  • キャッチコピー

 

上記の内容はビジネスで使用する名刺を作成する場合で、プライベートで使用するのであれば役職名などは省いても問題ないかもしれません。

 

この中から相手の立場に立って記載内容を考え、必要だと感じる情報だけを名刺の中に組み込んでいく必要があります。

 

「情報は多ければ多いほど良い」と考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、あまりにも欲張って情報を盛り込むと読みにくくなって相手に不快な印象を与える結果となるのです。

 

「どのような情報が記載されていれば相手は喜ぶのか」「どうすれば相手の調べる手間を省けるのか」と渡す立場に立って今一度考えてみるのが名刺作成の大きなコツだと説明できます。

 

また、名刺のデザインも作成において欠かせないポイントとなっており、心理学の世界では余白が多いほど洗練度が高く見られ、少ないと安っぽく見られると考えられているのです。

 

ゴチャゴチャと文字を詰めるよりも、名刺の中の余白が多ければそれだけ見やすくなりますし、ビジネスマンでシンプルな名刺を使っている方が多いのはこれが理由なのではないでしょうか。

 

他にも、「エネルギッシュだ」「真剣だ」という相手に植え付けたいイメージを考えて、名刺の中に記載する文字の書体を選択するのもコツとなっております。

 

名刺の作成に関しては自宅でパソコンを使うよりも、業者に依頼した方が綺麗な仕上がりになるのでVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)ではビジネス用の名刺もプライベート用の名刺も作成可能となっており、100枚で990円という格安の価格が採用されているので是非利用してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 


「名刺作成のコツ」に関するページ