名刺作成とパワーポイントについて

会社のプレゼンテーションに欠かせないソフトだと言われているのがPowerPoint(パワーポイント)で、Microsoft社から製造されており、現在では幾つものバージョンが存在します。

 

会議や打ち合わせ、商談といった際にパワーポイントが使われるのですが、実はこのソフトを使用して名刺を作成することもできるのです。

 

スライドを作成してアニメーション機能や効果音を入れ、プレゼンテーションを行うのが一般的な使い方となっているものの、ワードと同じように名刺の作成に役立てることもできます。

 

パワーポイントを起動させて画面を開き、他のサイトから名刺のテンプレートの無料サンプルをダウンロードし、必要事項を入力するだけで完成です。

 

名前や住所、電話番号といった文字だけではなく、空いているスペースに画像やイラストを加えれば、既存のテンプレートとはまた一味違った名刺を作成できるのではないでしょうか。

 

実際に、パワーポイントを利用してカレンダーやチラシを作成している方もおり、想像以上に使い勝手の良いソフトということで人々から愛されております。

 

パワーポイントで作り終わったデータを保存し、自宅でプリンタを使って印刷するのも良いですし、業者にデータ入稿して印刷だけ行ってもらうのも選択肢の一つかもしれません。

 

とは言え、どのソフトを活用するにしてもテンプレートの種類が少なく、イメージ通りの名刺を作成できないかもしれないので、当サイトでご紹介している業者のVistaprint(ビスタプリント)を利用するべきです。

 

Vistaprint(ビスタプリント)では豊富なデザインが用意されており、尚且つ100枚で990円という格安の価格で名刺の印刷をしてくれるので一度注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

さて、自宅で無料のソフトを使って名刺の作成を考えているのであれば、パワーポイントよりもワードの方が作りやすくなっております。

 

ワードであれば用紙の型番を設定すれば、その用紙に合わせたフォーマットが画面に表示されるので、全体的なイメージを見ながら作成していくことができるのです。

 

パワーポイントでもスライドショーといった機能を利用することができるものの、名刺の作成という点に関してはワードの方が圧倒的に作りやすいのではないでしょうか。

 

もちろん、名刺はどのようなソフトを使って作っても構わないですし、使用するソフトが規定されているわけではないので、使いやすいと感じるソフトで作成するのが一番です。

 

これからも少しずつデザインを変更してより良い名刺へと変化させていくのであれば、幾つかの方法の中でやりやすいと感じたソフトを使い続けてみてください。


「自作・手作りで名刺を作成」に関するページ